イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒木流キャラクターの作り方。

NHK教育「高校美術」の講師がJOJOの作者、荒木飛呂彦だった。
高校で、マンガのキャラクターの作り方という講座。

氏がとっている方法が「身辺調査票」を作ることッ!
年齢、性別、身長、体重、血液型、星座、趣味、特技、長短所などなど。
ものすご~く細かい履歴書みたいなものだった。

氏が特に重要視している項目は、家族構成とその職業。
キャラの性格を形成するのに、最も影響を与えるからなのだそう。
言われてみればその通りなんだけれど、
マンガのキャラクタ1つ1つにここまでの背景があるとは。


ネーコンはそこまで細かくないけれど、ちょっと決めてます。
生まれは波止場とか。
これ以上書くと、ミステリアスな部分が損なわれるので書きません。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/962-ceae8b35
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。