イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

205日目

英語が話せたらいいなと思うことが、よくある。45ある。
1つは、英語で話しかけられた時だ。道で「えくすきゅーずみー」と言われたら困ってしまう。ぼくは中1レベルの英語しか分からないので、「ひーいずとーらーざん、はー」しか返せないだろう。幸い今のところ無い。ぼくが話しかけられるのは、いつももう一人のぼくからだ。絵を描いている時に急に「えくすきゅーずみー」と言ってくる。絵に集中したいんだけれど、何度もしつこく聞いてくるのでそれどころじゃなくなる。用件が何か分かればいいんだけれど、もう一人のぼくにも中1レベルなので「ひーいずとーらーざん、はー」以外は何を言っているのかまったく分からない。おそらく何かの単語羅列なのだだろうが、お互い英語が分からないのでどうすることもできない。英語を覚えれば、何を言っているのか聞き取れるし、その気になれば教えることもできるはず。何より、もう一人のぼくの英語力も上達しているから会話も弾むはずだ。

2つ目は外国に行った時だ。ぼくは、ぼく国によく招待される。ぼく国の言葉、ぼくこ語はもう一人のぼくが話す英語によく似ているから、ぼくの英語力が上がれば何か正体が掴めるのかもしれない。ぼく国には甘いお菓子やかわいいペットがたくさんいて楽しい。でも、ぼくこ語で書いているので、どうやったら食べたり遊んだりできるのか分からない。それが、3つ目。他にも、ぼく団やぼく海、ぼく街、ぼく図、ぼく本、ぼくDVD、ぼくルール、など42のことが分からないので英語を話せたらいいと思う。


随分前にフランスに行った時に必要なのは勇気なのだと思った。慣れないフランス語で話しかけるのはとても恥ずかしかった。でも、話さないとどうしようもない状況になってカタコトだけど話すことが出来た。それから外国人と話すことが楽しくなり、困ったときは片っ端から話しかけ、近所のお店のおばさんに発音を教えて貰ったり、一緒に美術館を廻ったりもした。その時は、ぼくが美術のことを教えたりもした。日本に戻ってきてからは、外国人に親切にするようになった。ただ日本語しか分からないので役に立たないことも多いけれど、それでも何人かは助けられたと思う。あとはぼく自身を救うだけなんだ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/951-a6ea902f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。