イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大長編

F全集・大長編ドラえもんの最終巻を読む。
最後の「のび太のねじ巻き都市冒険記」の途中でF先生が亡くなり、メモ書きなどを元にアシスタントの方々で完成させたそうだ。絵柄の違いは一目瞭然だけど、それ以上に構成がまったく違う。他の大長編よりも物語がごちゃごちゃしてて読みにくく感じた。メモを元に組み立てるのは大変だったのだと思うのと、藤子Fのうまさなんだろうとも思う。


大友克洋の原画展でマンガ原稿が何話かあった。絵のうまさは当然だけど、マンガも面白い。絵がうまいだけじゃ漫画としては成り立たないということを再確認した。この場合、逆は真ではない。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/892-12a74dbd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。