イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある展覧会

ある展覧会に行った。
会場に入るとインパクトのある絵がドンとあった。
なるほど、金賞だった。

それから隣の銀賞を見ると、金賞とあまり変わらない絵があった。
構図や雰囲気が金賞とほとんど同じだったので、同じ作者のものかと思ったら違う人物だった。

さらに隣に、賞にもれた作品が30枚ほど飾ってあったが、皆、構図や雰囲気は同じ。
それも、それぞれ違う作者のものだった。

再び金賞を見ると、もう銀賞ももれたものもどれもこれも同じものにしか見えない。
確かにインパクトはある。
が、全て、同じ位置に人物がいて、同じ位置から手が伸びて、同じ位置の何かをつかんでいる絵なのだ。
わずかに、絵の具の乗りが違うかどうか。

もう1度書くが、同じ作者ならともかく全員違う作者。
遠目から見て、自分の描いた作品だと分かるのだろうか。

ああ、きっとそういう意図のものであろう。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/802-237eaebf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。