イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の虫

主夫1コマ・1月

【本の虫】ホンノムシ
古本を手にとってみると、米粒よりも小さい、丁度、文字の濁点くらいの動くものを目にした事があるだろう。
それが本の虫である。主食は、インク。それがあたかも文字を食べているように見え「字喰い虫」とも呼ばれる。古本をめくると、時々印刷がかすれた文字があるのも、この虫が原因である。

また、若い頃に読んだ本を見直すと、当時と印象が変わったり全く記憶にない描写があることがないだろうか。これはこの虫の驚くべき生態の所為で、本の虫の排泄物が文字そっくりなのである。これは文字を食べている時に排泄をするからという説が強いが、正確な研究結果は発表されていない。


古いドライブインなどで、「北斗の拳」をとったら、中身が「こち亀」だったというようなことがままあるが、本の虫と関係があるかどうかは不明である。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/763-dfe9ef98
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。