イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵ネーコン

1コマ用・110616

ジャーロ(光文社)11月15日発売 に色々描いています。

・名探偵ネーコンの事件簿
 謎のダイイングメッセージを解く鍵はネコジャラシ?!

・「博士の異常な薄情」千野帽子 挿絵
 毎号描いていますが、今回はデザインを変えました

・ドリル「犬神家の一族」横溝正史
 新しい形での読者への挑戦! 
 果たして満点とれるかな?

・特集「鮎川哲也の本格推理」挿絵
 お気に入りは「りら荘事件」
 あるトリックが鮮明だったのと、
 「イクタケ」という人が出てくるから。

ということで、いつもの3つに加えて、特集の表紙も描かせてもらいました。
他の仕事も嬉しいですが、ミステリのお仕事はまた格別。
鮎川さんの似顔絵を描いている時は、ニヤニヤしてました。

書店にあると思いますので、お手にとってもらえれば。


先日の職業体験の記事への拍手、シェアありがとうございました。
おかげで、たくさんの方に読んでもらえたみたいです。
イラストレーターを目指す人たちへの励みになれば、幸いです。

 ところで、久しぶりに中学校に行きましたが、おもしろいところでした。
 公立中学校は、ある意味世の中で一番カオスな場所だと思っています。高校に進むと学力でラインが引かれます。それが大学、就職に行けば学力だけでなく専攻や趣味等々でもっと狭まります。公立中学校はそれがない。
 小学校ではそこまで差が付かなかった学力運動能力趣味思考などに個人差が出てきて、それが全てバラバラの人間が30人くらいの集団で過ごすというのは、今思うとまあ面白い。

 ぼくは中学校からの友達が5,6人いますが、職業も趣味も何もかも違います。今改めて、何で仲がいいのだろうと考えたけれど、きっかけは同じクラスだったからなんだと思います。

 そういう意味でも、全力で3年間を過ごして欲しいです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/712-54d53ee2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。