イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュルレアリスム展へ

lrg_10546852.jpg

マグリットやダリが有名どころのシュルレアリスム展に行きました。ぼくはダダが好きなのでその流れです。休日だったし都内の大学の卒業制作展も同時開催していましたが、都内の美術館にしては人数は少ない方だったと思います。

内容は、シュルレアリスム展の前に「アンドレ・マッソンと」と付けた方がいいくらいでした。初期から後期までのマッソン作品の間に、キリコ、エルンスト、デュシャン、ジャコメッティ、アルプ、マンレイ、ミロ、タンギー、らの作品が挟んである感覚。全体的に小品が多かったし。それでも、デュシャンはピカソと並ぶ人だけあって存在感は抜群。あとは、ダダの広報誌やブルトン「シュルレアリスム宣言」の初版といった刊行物も良かった。トリスタン・ツァラの名刺とか欲しいなぁ。マッソンは不勉強であまり知らなかったんですが、作品も流れも良かったのでぼくは楽しめたんだけど。と言うわけで、ダリやマグリットばかりを期待して行ったら少し物足りないのかも知れません。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/592-464998dc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。