イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリのお仕事

今日は、この前書いた「うれしすぎるメール」のネタバレです。

タイトルで分かるかもしれませんが、
ミステリーのいまがみえる雑誌「ジャーロ」(光文社)
連載をさせてもらえることになりました!
わーい! おめでとー! ありがとー!

ミステリの仕事は、
イラストレーターになっての目標の1つでした。


・・・うん、気持ちは分かるけど。
引っ張っといてそれだけ?
と思う方がいるかもしれません(というかほとんどかな)が、
そこに到る話を読んでもらえれば納得がいくと思います、たぶん。

メールを貰ったその日 は、外食をしていました。
そこでミステリ好きの知人とあって、
食事もそこそこにミステリ談義に花を咲かせていました。
当然のことながら、以前書いた「我孫子武丸さんの話」にもなります。


 その話も長くなるんですが。
 ぼくの描いた「ミステリ作家の似顔絵」でミスがあり、
 それを全く関係のない我孫子武丸さんがメールで指摘してくれました。
 それからメールを3、4回やりとりをさせてもらいました。

ぼくはミステリが大好きでいつか仕事がしたいと思いながら描いていた似顔絵を
 本人が見てくださってメールまでくれて・・・。
 ※詳しくは「我孫子武丸さんからのメール 」をご覧下さい。


それが去年の秋ごろのことです。
それを話すと、ミステリ好きの知人は勿論びっくり!
「きっかけもできたし、近々出版社に持ち込みに行く!」とぼく。
「いつか、イクタケさんの挿絵で何かが読めるのかなぁ」笑う知人。
なんて言い合いながらわいわい喋っていました。

そんな話をした帰りに、冒頭のメールを見たわけです。
さっき言っていた事が、まさか現実になるとは!
(電車を降りて、さっきのお店に戻ろうかと思ったくらいです(笑))

さらに。
編集のメールの冒頭には、次のような1文がありました。


「我孫子武丸さんからイクタケさんのHPを教えていただき、拝見させていただきました。
我孫子さんにはミステリ作家の似顔絵が面白いよ、とおすすめいただいた・・・(略」


これは、泣くでしょう。
だって、我孫子さんとぼくは面識ないんですよ。
それも、きっかけが「ぼくの似顔絵のミス」です。
それなのにメールも何度もくださって、更にここまでして頂けるとは。
声もガッツポーズも涙も出ないわけがない。
そういうことでした。

それから日にちが経って、今月はじめ。
光文社での打ち合わせで、驚くべきことを耳にしました。
連載が決まった・・・これも充分驚いたけれど。

編集長:「実は我孫子さんから秋ごろにメールを頂いててね・・・」



というわけで、3月15日発売の「ジャーロ」から
我孫子武丸先生はじめ豪華執筆人のメンバー(タイムリーな道尾秀介さんとか)と
同じ雑誌に描かせてもらうようになりました。
それに恥じぬよう、読者の方々が楽しめるものを作れたらと思います。



あ!
小説じゃないですよ!

って、うまくない文章を読めば分かりますね・・・。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/580-bb385855
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。