イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11日?13日

11日。
地元で飲み会。テキトウなこともガンガン言える友達とお酒を飲むのは楽しい。あっという間だった。普段一人でいる所為かとにかく話がしたかった。よく、クリエイターは自己主張が強いと言われるけれど、いつもは一人で頭の中で考えたり作業したりしているのでその反動じゃないかと思う。でも、ぼくは昔から自分が、タイプだけど。

その夜は、ネットカフェに泊まる。友達が家に呼んでくれたけれど、年齢的にも肉体的にもそんな所に泊まれる最後だと思って挑戦。10年前のプータロ時代に1度行った。12時間2000円で、マンガやゲーム、ネットをひとしきりして、最終的にドカベンを詠み始め7巻くらいで俺は何をやっているんだと自己嫌悪に陥った以来。読みたかったマンガを読んで3時に就寝。


12日
結婚式のため、7時のバスで人吉へ。車内では映画が流れるが、主演加藤晴彦、助演テンガロンハットの萩原流行、インテリ役の三瓶、女社長の野村沙知代。おかげで開始1分で爆睡できた。違う便で来た友達の映画は、主演モーガンフリーマンだったとか。

結婚式は青井阿蘇神社。1610年建立の国宝。境内の中は到る所に彫刻がしてあり扉の留め金にも花があった。やっぱり良いものは大切に伝えられていくもんだと思う。神前結婚式は初参加で三々九度や太鼓、祝詞、色んな言動に意味があるんだろうと諸星大二郎のマンガから得た浅い知識ながら思う。この辺に住む人は多くの人がここで挙げるそうだ。多分参列者の親類一同はここで挙げたんだろうと思う。自分の子ども達が同じ場所で・・・と考えると感慨深いものがある。

披露宴は豪華絢爛、ぼくが参加したもので1番大きかった。ところで、社会人になってからの結婚式は、新郎新婦を祝うのはもちろんだけど、プチ同窓会も楽しみの1つ。今回は大学の同級生男子が10年ぶりに全員揃い(と言っても6人)、色々話が出来た。ぼく以外はみんな先生で、職場でも中堅どころ。風格というか落ち着きというか、ネットカフェに泊まったぼくとは大違い。このブログもちょいちょい見てくれてるようで嬉しい&恥ずかしい。もうちっと大人になります。

式が終わって、次の日仕事の皆さんに合わせて速攻帰宅。寝ようと思ったら隣の友人とずっと話した。口癖は「あと15年で50歳」。その頃には大人になってます、きっと。映画は、シャチと人々の触れ合いの洋画。


13日
母校から横浜へ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/545-a094f583
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。