イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我孫子武丸先生からのメール

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る


タイトル通り、我孫子武丸先生からメールが来ました。
ぼく自身嬉しかったのは勿論ですが、我孫子先生のお人柄に感謝の意味を込めて書かせてもらいます。


何から説明していこうか。
まずは「我孫子武丸」さんの説明から。我孫子武丸先生はミステリ作家で、ミステリが好きと言っている人でまず知らない人はいません。新本格以降、現代まで続くミステリ隆盛を支えているお一人です。作品もたくさんありますが、中でも「殺戮にいたる病」は探偵小説史に残る名作です。ぼくも、最後のネタバレを読んだ時、「な? ん? え?」と叫び、また、初めからページをめくりました。その衝撃は今も覚えています。もう1つ、スーファミの「かまいたちの夜」の原作者と書けば、分かる人もいるんじゃないかと思います。


で、そんな方からまさかメールを頂きました。きっかけは、以前、ここでも紹介していた「探偵作家の似顔絵」です。これを見て、「よく出来ていて感動した!」なら非常に光栄です。が、そうじゃあない。そのページを開いたもらったら分かりますが、「山口雅也先生と笠井潔先生を間違えていた」のです。その指摘のメールを頂いたと言うわけです。山口雅也先生と笠井潔先生には、改めてお詫び申し上げます。

正直に言うと、初めは信じられませんでした。だって、我孫子武丸先生本人から来るとは思えません。しかも、直接ご本人とは関係のない事柄です。ちょっと前にGLAYのテルになりすました「テルテル詐欺」。twitter経由で
そのサイトを見たそうなのですが、twitterでもなりすましが多いとか聞きます。そういうわけで悩みました。でも、間違っていたのは事実です。思い切って御礼とお詫び、変更した旨、それからファンだということを書いて返信してみました。


すると、すぐに返事が来ました。
本物の、あの「我孫子武丸」先生でした! 


それから、計3回ほどメールのやり取りをさせてもらいました。
正直なところ、信じられなくて笑いが止まりません。頂いた28日夜から今これを書いている間もそうです。興奮しっぱなしです。だって、「探偵小説の仕事がしたい!」と思って書き始めたイラストを、作家ご本人が「似てないなぁ」と思うほど見てくださって、(その山口先生は笠井先生じゃないかと気付いた方も著名な方で!)メールを頂きやりとりもして、最終的にはtwitterでレスまで返してくださっていると言う。未だに信じられなくて、笑いしか出ません。


マジメな話、忙しい作家の先生から、ご本人とは直接関係のない件でのやりとり。しかも、すごく親切で色々と御気遣いもしてもらって感謝のしようもありません。探偵小説の仕事をし、いつか我孫子先生とお会いすることが出来たら、直接御礼を申し上げたいです。その日が来るように、がんばります。


どこかの出版社様、
探偵小説のお仕事、お待ちしてます!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/515-7680bfd6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。