イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストレーターになるまで・名前

占いつながりで、もう1つ。

はじめ、「ネーコン」という名前でまんとらに応募してました。初仕事のグータンのイラストを貰った時に、「イクタケマコト」にしました。もし、ネーコンで行けば、色々な仕事にネーコンと表記されていたわけです。それもちょっと面白かったかもしれません。が、電話や打ち合わせで「ネーコンさん、次の仕事ですが…」なんて言われると、変な感じです。因みに、高校生の時に読んだ「ちびまる子ちゃん」のコミックに載ってたさくらももこのデビューまでを漫画にした話の「変なペンネームをつけたら、ずっとそう呼ばれるのよね」と言うのが頭にありました。

話戻して名前の「生武眞」にしなかった理由。まず、キチンと読んでもらえない。一発で正解した人は、人生でもそういません。学生の頃の講義で、「ウム!ウム!」と突然肯きだした教授がいて、「ウム君は欠席ですか?」と言われて、自分の事だとようやく気が付きました。

以下読み間違い例 イキタケ・ナマタケ・ウタケ・ショウタケ・イキブ・ナマブ・イクブ・ショウブ・ウブ・・・・etc

もう1つは、画数占い。漢字表記より、カタカナ表記の方が良かったので、げんをかついでそーしました。ついでに言うと、漢字の「眞」はこの字ではありません。兄と画数を合わせたかったそうで、本当はない字を使っています。パソコンなどで画数占いをする時、兄の字を入れてやるのですが、どーもしっくりきません。他の一文字で同じ画数にすればいいけど、探すのが面倒で。


また、ずれた。
さて、今思うと、漢字表記でも持ち込みとかのワンクッションにはなったのかなと思います。でも、なんか気に入ってるからいいです。というわけで、名前の由来のお話でした。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/489-69b20faf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。