イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほん

名俳句一〇〇〇 (ぶんりき文庫)名俳句一〇〇〇 (彩図社)
(2002/02/25)
佐川 和夫

商品詳細を見る


数ある俳句紹介の本の中で、最もシンプルで最も読みやすいと思う。解釈注釈一切なく、あるのは作者と俳句のみ。意外とありそうでなかった本です。紹介によると、編者は俳人というわけでないから出来たのかもしれません。なぜなら、現代俳句は全て子規―虚子の流れを組むと言っても過言ではないのに、この1000句の中に高浜虚子が一句もないから。そういう意味でも珍しい本。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/483-a9e854c4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。