イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古書フェア

横浜地下街で、古書フェアをやってた。稀少本はほとんどなく、古書店の割と安い本ばかりだったけれど、それなりに見応えはあった。気になったのは「人それぞれ」(朝日新聞)という本。昭和30年ごろ活躍している文化人を1人2Pで100人ほど紹介している本。大下宇陀児は「二十の扉」(当時のラジオ番組)での活躍がいいとか、江戸川乱歩は過去の人っぽいとか、従来の本では中々味わえない紹介が面白い。因みに両人「タンテイ作家」と紹介。「探偵」の「偵」が常用漢字から外された影響だと思う。

それから、寺山修司の本もちらほら。漠然とした印象だけど、絶版の初版は変わらないけれど重版のものは、10年前(ぼくが狂ったように買っていた)より2?3割安くなっていたように思う。もう、寺山もスッカリ過去の人になったのだらうか。

あと、ああいうところにある、昔の地図とか雑誌に妙に魅かれる。今回は、浮世絵もあった。富嶽三十六景が1000円とかで売ってたけれど、何でだろう。重版だからかなぁ。


購入
「算私語録2」案野光雅

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/477-c5a4f351
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。