イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠距離恋愛のススメ

第1章 遠距離恋愛とは

お互いが遠く離れた場所で恋愛をすることである。
主に物理的な問題が多く、東京~福岡間等、会うのに相当な時間を要す場合を指す。
<例>
小学生:学校から帰る方角が違う
老人:現世と来世

また、精神的な距離の場合もあり、身分や地位、考え方の違いの恋愛を指す。
<例>
花火師の娘と傘屋の息子(出典:シェイプアップ乱)
ゴッホとゴーギャン
タモリと小田和正

第2章 遠距離恋愛の歴史

史実に初めて登場する遠距離恋愛は、エジプトのヒコ王とオリ王妃の物語である。ヒコ王はムステ王の長男であり、オリ王妃はレカ帝の長女である。政治的意図もあり問題なく進むと思われたが、帝が策略により失脚、オリもその地位を失い遠方へ流された。お互いを愛す二人は、全く偶然に同時刻に自ら命を落とす。それを知った神が、年に一度ナイル川を挟んだ二人を合わせようと星々に祈った。つまり七夕の始まりである。


第3章 遠距離恋愛の方法

・物理的遠距離恋愛
恋人が出来た状態の近距離恋愛状態から中距離、遠距離恋愛へと進める方法が、初心者には有効と思われる。
まず、近距離状態、つまり実際に恋人を作らなければならない。この方法は長くなってしまうので、拙著「恋愛マスター! 恋のてほドキ!」を熟読して欲しい。また、ラブプラスを実家に送りつけると言う荒業もあるが、今回は割愛する。
実際に恋人が出来たとら中距離恋愛へと一歩推し進めよう。遠距離恋愛が結ばれない原因の1つは、この中距離恋愛を飛び越えてしまうからであろう。段階を踏み足場を固め次の遠距離恋愛に繋げたい。
遠距離恋愛に移行するわけだが、これは至極簡単である。突然イラストレーターを目指し上京するなど、ムチャな方法が幾つもある。自分なりの方法を探してほしい。

書籍化(コミスタ02

・精神的遠距離恋愛
社会的地位、考え方が非常に重要になる。前者は、己の努力次第だ。出世し会社の重役になり、偶然入った定食屋の娘と恋に落ちると言うことも可能だ。
 後者においては前者に比べれば非常に簡単である。とことんまでダメ人間になればなるほど、対象が広がる。また、目玉焼きの醤油派とソース派など、他人にとっては取るに足らないことも条件となるので、お互いの自覚次第で遠距離になるということを覚えておくべきであろう。


第4章 遠距離恋愛の実際

晴れて遠距離恋愛になれた時、最も重要なのはお互いが会うタイミングである。外国に行っているのに週1で会うと、何かヤバイ事を想像されてしまいかねない。ここで私が提案するのは「1・2・4期間」(別名:ハナレー理論)である。

初めは、1週間、2週間、4週間間隔に会い、
それから、1ヶ月、2ヶ月、4ヶ月間隔で会い、
再び、1週間出会い、次に2ヶ月、4ヶ月で会うという方法である。

これは、「07年にゾーリンゲンで開催された世界遠距離恋愛学会でハナレー氏が提唱した」と、今、私が勝手にでっち上げたものである。書いてみると、非常にそれっぽいが、何の確証保障もないので、注意して欲しい。


第5章 遠距離恋愛のこれから

携帯やメールの発達により、遠距離恋愛もより気軽に行えるようになった。話題の3D技術を使えば2cmほど近づいたことになる。宇宙開発も進み、地球人と火星のタコ子さんとの恋愛なんて事も出てくるかもしれない。地上に目を向けると、日本とハワイの距離は年間2cmずつ近づいており、何千年か後には遠距離ではなくなると言う朗報もある。

一方で、「夕暮れの線路沿い歩く二人の距離は10cmのまま」など、近距離恋愛にも関わらず、難しい点もあるのは事実である。つまりは、お互いがお互いを尊重し良好な恋愛関係気築いていく事が重要なわけであるが、長くなってしまうので、拙著「続・恋愛マスター! 恋のてほドキ!」を熟読して欲しい。

書籍化(コミスタ022

スポンサーサイト

-2 Comments

ミカ says...""
遠距離恋愛→結婚に至った私としては、大変興味深い内容でした(笑)
距離があった方が心が近かった気がする…
なんて事にならないようにしなきゃー
2010.08.16 14:41 | URL | #- [edit]
イクタケマコト says...""
1・2・4は合ってた?
何かあった時は、恋愛マスターに相談し給え。
あと、最後の「夕暮れの線路沿い?」は
寮祭のテーマです(笑)
2010.08.18 23:56 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/473-71fcd148
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。