イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストレーターになるまで・その8 持ち込みの準備

前回までのあらすじ
グータンの仕事をしたけれど音沙汰なしだったので持ち込みに行くことにした。

さて持込です。その時の状況を書く前に持込に行く際に準備するものを詳しく書こうと思います。自分自身ネットで調べて準備したので、せめてもの恩返しです。あと、当たり前だけど、これで必ず仕事が来るわけではありません。

◆名刺
 氏名
 住所
 連絡先

はじめに発注で100枚作りました。これを2ヶ月で配り終わるのを目標に立てましたが、ひと月でなくなりました。それ以降は自分で印刷しています。

◆作品ファイル
 クリアファイル(10ページ)
 仕事と趣味で描いた絵
 プロフィール(仕事歴など)
 名刺3枚同封

ふぁいる   Image2061.jpg

右は実際に持っていったもの。
これを100冊作りました。

◆持ち込み先を考える
 自分がどこでどんな仕事をしたいのかを考える
 合いそうな出版社を調べる。(ぼくの場合は、主に教育関係の出版社をピックアップ)
 HP・雑誌等に連絡先があるのでメモる(あれば編集部)

◆電話連絡の手順
 名前を名乗る
 「持込をしたい」という用件を伝える
 担当者が出るので、可能ならば日時等を確認する
 
これが最初の山でした。すごく緊張したけれど、編集の方は慣れているので、さくさく話を進めてくれます。あとは日時と担当の方を確認して出版社に行くだけです。

それから原則的に持ち込みをしていない出版社もあります。そういう時は、郵送が可能かどうかを尋ね、OKであれば郵送しました。郵送の場合は上のファイルを送りました。

◆服装
 ジーンズにシャツくらいで行ってます。

一番最初はスーツで行ったと思います。が、出版社の人たちの多くがラフな恰好だったので止めました。すごく破れたジーンズとかTシャツで行くのは失礼かなと思います。なんと言うか社会人としての常識の範囲です。とは言いつつ、お団子頭なんですが。


このくらいかなぁ。
あ、偉そうに書いてますが、名古屋のトークショーの延長で書いているわけで、ぼくもまだまだです。
これから持ち込みに行く人の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/365-3fa54c23
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。