イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラストレーターになるまで・その2

今日は、大学のことを書いていきます。イラストレーターとしては、美術の基本を一通り学べたことは大きかったです。技術的にはモチロンですが、表現の仕方、考え方など所謂る美術的な考えを体感したことは大きかったと思います。おかげで、大学入学後は明らかに絵が変わりました。それまでは兄の方が絵が上手かったと思いますし。

ところで、ぼくみたいにほとんど習っていない人なんていません。子どもの頃から「うまいうまい」と言われ、一発で大学にも受かって浮かれてたぼくにとって、最初の講義は悲惨でした。明らかにレベルが違う。でも時間が経つにつれ、少しずつだけど自分の絵も良くはなったし、何よりも毎日絵が描ける事が嬉しかったと思います。ただ、4年間を通してその差が埋まらなかったと思います。それを証拠に、つい最近、親友から「卒業して、まさか絵を描き続けるとは思わなかった」と強烈な一言を拝聴いたしました。

もう1つおおきかったこと。周りが全員物を作る人間で、そこから得た刺激も強烈でした。他は、彼女を作ったり酒を飲んだり免許を取ったり旅行に行ったりバイトをしたり。そういう経験全てが、今は財産になっています。これは、イラストレーターでなくとも、そうだと思います。

さて、卒業後の教師になったことは次回に。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/281-8249453f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。