イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造で綱引き

○改造で綱引き 「森詣で」続々

********************************
野上市にある森神社で森詣が今年も行われます。森詣とは、500年の歴史を持つ伝統のある祭りで、北陸の3大詣の一つとしても有名です。森神社を境に東地区と西地区に別れた男衆(昭和12年からは男女とも)が綱引きをします。勝負は2回行われ、東が勝つと豊作、西が勝つと大漁、引き分けだと豊作と大漁になると言われています。

今年も8月10日の開催に向けて準備が進められてきました。しかし、23日、市の職員と保存会が綱を神社から出したところ、綱に改造したあとが見受けられました。綱をほぐし持ちやすくした跡や重りを付ける為のフックのようなものが、幾つか発見されました。中には、反重力装置や磁場操作機器など悪質な改造もありました。

森詣保存会会長、勝場勘群さんの話によると「長い歴史の中でこういった改造は始めて。伝統に泥を塗られた思いだ」と怒りを抑えられない様子でした。的湯大学教授で森詣研究者でもある宇草准教授は「原油高やバイオ燃料の高騰の影響で、農漁業ともに危機的状況にあるからではないか。こういう時代だからこそ、協力し合ってほしい」とコメント。

市の担当職員によると、綱を改造しにくいXS-37型の鋼鉄製に変え、更に当日まで市の金庫に保管するという厳重な対応をとるということです。また、祭りは予定通り行うとのことです。

森詣 6月10日 午後2時より
お問い合わせ 野上市観光課まで
********************************

とかいうニュースかと思った。
見てみたら、内閣改造で森前首相に頼みに行くみたいなことです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/265-534053e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。