イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子規と虚子」が一発変換できるようになりました。

Yousen 子規と虚子の企画展を見に神奈川近代文学館へ。

思ったよりこじんまりしていたけれど、子規から「虚子」の俳号を貰った書簡、新俳句の書籍ほか面白いものが沢山あった。(写真は、漱石仕様の便箋・300円)

ところで、俳句が好きだと言うと年寄り扱いされます。その通り、会場にはお年寄りしか居なかった。そう言えば中村草田男が現役バリバリの頃、「俳句をやっていると老人扱いされる」みたいな事を書いていたと思う。その頃(20年代)は、社内に句会などがあったそうだ。それに今より娯楽が少ない分、俳句人口の平均年齢は若いんじゃないだろうか。ナンダカその頃やってた人たちが、そのまま歳をとった感じだった。

あ?眠い ほら金柑も 落ちました

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/223-c4b634d2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。