イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装丁とイラスト

コミュニケーション能力って何?―学級の空気を更新する生徒指導コミュニケーション能力って何?―学級の空気を更新する生徒指導
(2013/07/29)
堀 裕嗣

商品詳細を見る


この本の装丁とイラストを担当しました。

本書を読んで。
堀先生は、学校の現状、現象をまとめて整理して分かり易く提示する事が巧いと思いました。学校の現状と言っても、授業、学習指導要領、生活指導、学級学校運営、保護者…と無数にあります。更に、学校の社会的な位置を知るには、社会全体の時代認識を把握しておかないといけない。その辺のバランス感覚を持っておかないと中々難しいものだと思います。それを踏まえて一番大切なのが「コミュニケーション能力」と言う事でしょうか。コミュニケーション能力については、本書で詳しく書かれています。…ぼくの大雑把な捉えは、自分を磨くということです。その為には、自分を知り他人を知り状況を知り行動しなければならない。ごくごく当たり前ですが、本書では、現在の学校を取り巻く環境での磨き方、その方向性を示しているのだと思っています。…見当違いでしたらすみません。


装丁は、本書が「原理原則」シリーズと違ったものであること、実践と評論ということ、その中の厳しさと暖かさを意識し、老若男女問わずに手にとって貰えるようなデザインにしたつもりです。書店で見かけたら手に取ってみてみてください。


スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1274-57326bb9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。