イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大喜利方程式

大喜利の題をX回答をYとすると、
面白い大喜利の回答は X=Y になる。 

大喜利は数人でやるものであるから、
本人のキャラH、前の回答M、会場の雰囲気K、
以上の各係数を考えなければならない。

Hは、格好、声、性別、雰囲気を1~100
M=±H+K 
K=±1~100

なお、M,Kは、よい回答、多い人数が必ずしもプラスに働くとは限らない。
絶対数(大爆笑、ダダすべり)に達した場合、マイナスに作用してしまう。

つまり、X=Y=HM+K

昨日の自分をあてはめると、

H=30
M=5
K=28

代入すると、
Y=30×5+28
 =178

これが昨日の最大値である。

改めてみると、178では確かに厳しい。
200に近づけるように日々努力をしよう。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1255-a0400fc9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。