イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21冊目

虚栄の肖像 (文春文庫)虚栄の肖像 (文春文庫)
(2010/09/03)
北森 鴻

商品詳細を見る


「深淵のガランス」に続く絵画修復士が主人公のミステリ中篇3篇。
作家の急逝で、このシリーズはこれで終わり。
大雑把に言えば、更に大人にしたギャラリーフェイクの小説版。美術をかじっていなくても充分面白いし、かじっていればなお面白い。

にしても、1人の作家で、ぼくの大好きな美術or民俗学とぼくの大好きなミステリの融合だなんて。
つくづく惜しい人を亡くしたものだ。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1193-6c3788c8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。