イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12冊目

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


読了。
・副題が「ドラゴンタトゥーの女」で、ハリウッドで映画化。
 …ベスト100に入ってなかったら手を出してなかった。

・暗殺者の派手なアクションみたいなのを想像していたけど、全然違う内容。
 プロローグの静かだけど不安な謎、密室、見立て、猟奇殺人を足を使って解決。

・探偵は天才型だと思う
 少し予定調和なんだけど、面白いから許せる

・最初のやたらに多い人物紹介+家系図の不安もあったけど、
 個人のキャラが分かりやすくてさくさく読める。

・作者は日本好きなのか、カローラ、カワサキ、東芝と日本製品がよく出てくる。
 「サンヨーの口述用録音機」のサンヨーは必要なのかな。
 スェーデンでは日本製が重宝されてるのか?

・そのせいではないだろうけど、どこか日本の小説っぽさがある。
 雰囲気が、ダヴィンチコードに似てる。

・グロい描写があるので、苦手な人は注意。

・続きの2,3も読む。

★★★☆☆
東西ミステリ 12位
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1145-eddc3bf2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。