イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38日目

バスカヴィル家の犬―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)バスカヴィル家の犬―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2007/07)
アーサー・コナン ドイル

商品詳細を見る


長編最高傑作?
★★★☆☆

ホームズ長編最高傑作だそうです。が、ぼくはどうも合いませんでした。
謎があって論理的な意味はあるんだけど、肝心の部分が唐突な印象で腑に落ちない。ただ、訳注と島田荘司の解説が良かった。訳注は当時の風俗、時代背景が、他のホームズものと照らし合わせて細かく書かれているので面白い。貨幣価値を現代に直したり、爵位の説明だったり。
解説は、この作品が出来るまでの経緯。これを読むとそういった経緯も含めて最高傑作なのかなと思ってしまう。

東西ミステリーベスト100 47位


長編なら「恐怖の谷」の方が圧倒的に面白いと思う。
こっちは★4つ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1134-b6fffea3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。