イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビの描き方

年賀状無料配布の代わりに、干支のヘビの描き方を紹介します。
龍と違って、ちょっとのコツで描けるのでトライしてみてはいかがでしょうか?

なんてったって、顔と胴体だけ!
手も足も角も耳も毛も描かなくていーのです!

イキナリあの形を描こうとすると、変な形になるので、
顔と胴体を分けてやっていきます。

・用意するもの
鉛筆・消しゴム・サインペン


① 顔を描こうA

へび (5)

② 顔を描こうB

へび (7)

どちらかお好きな方で。
たぶん5分くらいで、すぐ描けるようになります。

※ポイント

へび (6)

口は、下を短くした方がかわいくなります。


③ からだ

へび (2)

顔の後ろに、長くて細いものを付ければいいだけです。
顔より細く長いものを描くだけです!


④ かたち

へび (3)

色々な形を描いてみました。
左上や左下でも、くびれがあるのでヘビに見えると思います


⑤ 色

へび (4)

ヘビは、「ヘビの色」を塗ると、怖いし地味です。
思い切って、カラフルに!

右上みたいに、一色で塗るよりも、
水玉やボーダーの方が、かわいいし、塗るのも楽です。
ちなみに、少しくらいはみだしても全然問題ありません。
かえって、手がきの良さになります。


⑥ さいごに

来年は、ヘビ年です。
年賀状に、丸と細いのがあればヘビと解釈してくれます。

ということで、絵を描いてみたいなと思っている方がいましたら、
チャレンジしてみてください。
(さ来年は、足も、尻尾も、たてがみまである馬です!)

印刷だけじゃなくて、
ちょっと手書きがあるものを受け取ると嬉しいくないですか。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1081-3f754a99
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。