イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業体験のこと

12月6日に中学校へ職業体験の話をしに行く。
その日は、色んな職業の実際を聞くとうことなんだけど、職業体験=キャリア教育は、平たく言うとニートとか作らないようにしようという趣旨だと思っています。今年は、内容を先に書いて、意見を貰えればと思ってます。・・・ないとは思うけど(笑)

・自己紹介
・どんな絵を描いているか紹介。
・実際はこんな仕事…以前頂いた校正紙を見せたりします。
・やってみよう。
 実際、テーマを出して描いてもらいます。
 今回は、会話。もっと絞った方が描きやすいのか迷うところです。
 
 ①まず、話をしている人をひとり描いてもらいます。(性別は問いません)
 ②一人かけたら、集めてランダムに配り直します。
 ③会話の相手を描く。
 ④全員で見る。

※描く事と見せる事、特に後者を意識しています。人に絵を見せると言うのは恥ずかしいとは思うけど、そうすることで周りとの関係を作っていって欲しい。

※2 机間指導とまでは言わないけど、周って描き方やいいところを言ったりします。

・まとめ
 ①絵が描けるということは、誇りに思って欲しい。 
 
 ②イラストの技術
  よく見て、とにかく描く事。(全身を描く、日付を入れる)
  人に見せる事。⇒練習だけして試合をしない野球部みたいなもの。
  
 ③個性を磨く
  良いものに触れる。(絵画、小説、映画、漫画、音楽、舞台)
 
  経験を積む。
  特別な事ではなく、目の前の家庭、学校生活を充実させる。
  (高校で話した時に反応が良かった自分の中学時代の話)
  
  そこで人とのかかわりの中で経験した事が自分を創っていく。
  楽しい気分の時は、絵が明るくなるように、絵には性格が必ず出ます。
  
  経験の中には、楽しい事もあるけれど、失敗する事もあります。
  「チャレンジして失敗する事よりも、何もしないことを恐れろ」と言う言葉。
  簡単に言えば、口だけの人は好きじゃないでしょう?
  
  とにかく、目の前の事を1つ1つチャレンジして欲しいです。
  絵を見せるのも、その1つ。
  やってどうなるのかは分からないけれど、やる前とやった後の自分は全然違います。
  それが、成長というものだと思います。

  そこには、少しの勇気が必要ですが、励みになるようにぼくの経験を。
  持ち込みの話を少々。


という流れです。 


全員がイラストレーターになれるわけではないし、他の職業を目指す生徒も当然いると思うので、人生を送る上で大切な事柄をまとめにしました。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://tomotown.blog98.fc2.com/tb.php/1069-fc54bddc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。