イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来月

 6月7、8日「ヨコハマ・ハンドメイドマルシェ」に出品します。「ものものや」さんというブースにいて、ぼくが作ったものも一緒に置かせて貰います。そのグッズを作っていますが、中々上手くいきません。ぼくは絵は描けますが、手先が不器用でものを作れません。何かを創るのはあきらめて、何とか絵だけでいけるものを作っています。何かお見せできるものが出来れば、アップしたいです。

 今日は打ち合わせに行きました。中々面白いです。
 その帰りに、KITTEの中のミュージアムへ。東大の所蔵品を展示してあり、標本、剥製、骨格標本、顕微鏡や数学のモデル(簡単に言うと、完璧に正確な立方体など)、医療器具、アフリカの仮面、ナイフの形をした硬貨などで、一言でいうと博物館です。9割以上分からなかったけど、興奮しました。

スポンサーサイト

グループ展が終わりました

P4253411.jpg


F0:アクリル

トムズボックスでの豆絵本展が終わりました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。ぼくは13日間の間の半分行きました。これ程充実した日々を過ごしたのは久しぶりです。キチンと書いて心に留めておきます。

■絵や絵本、豆絵本について
グループ展で他の作家の本もじっくり見られましたし、隣はトムズボックスだしでずっと触れて、自分が絵本で何がしたいのか。何ができるのか。その答えを1つ見つけました。これは大きい。アクリルは評判が良かったです。2年くらいやってようやくって感じ。綺麗なものが好きなのね。
絵本やカードを買ってくれた方がたくさんいました。ありがとうございます。プロとしてやっていますが、目の前で自分の絵を選んでくれて、「大切にします」と言って貰えたのに感動しました。

■販売や話や人
来て貰っている以上、豆絵本について説明しないといけないと考え、たくさん話しました。2年前の福岡の個展では全然できなかったのですが、今回は大丈夫だったかな。それも豆絵本と製本の美しさのおかげです。これがダメなものだったら、制作過程を説明しても驚れません。ぼくがダメだと思っているなものは薦めきれません。
 話をしたことで色々な方と出会えました。印象に残っているのは、不思議な感じの女の子。来てから帰るまでずっと笑ってました。自分を持ってる感じかな。期待。あと、カッコイイ一人旅の方とか、歌手とか、詩人とかスカーフの似合う男性とか。ここでは主夫ブログの読者は保留します。話しかけなかったら、その方々との会話はなかったはず。楽譜の解釈の話なんかも面白かった。そういう一瞬の出会いはいいですね。「出会いに期待する心とは、いわば幸福をさがす心のことなのだ」(寺山修司)なんてね。
 戻るけれど、それも作品があっての事です。

 作品と作家と場と人と、あとお金。
 今回、そういうのが全部うまく行ったんじゃないかと思いたい。
 ただ、主催者はどう思われたのか…(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。