イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月

1月は、絵をたくさん描きました。
仕事も3,4つ同時にやって、一番大変なものがもう少しで完成するはずです。
アクリル絵も4号を完成させ、0号、6号を6割進めた。ぼくは、細かく描くのが性に合っているみたいなので細かく描いていきます。ぼくの絵のテーマは時間、歴史、物語です。昔から古いものが好きでした。小学生の頃に黒電話を買い替えないでくれとお願いしたり、中学生の時に買ったモデルガンは南部十四年式だったり。ともかく古いもの歴史あるものに魅かれます。ああ、長くなりそうだ。風邪を引いているのでいつか、また。

あと、来週ちょこっと取材を受けます。

スポンサーサイト

プロフィール

イクタケマコト:生武眞

■イラストレーター
■制作環境 photoshop Illustrator アクリル絵の具

■著書
中学高校イラストカット集1200」(学事出版)
主夫3年生」(彩図社)

■イラスト実績 
アマナ・イメージズ 学研 関西テレビ 光文社 キヤノン ジャレコ スマートエデュケーション
実業之日本社 大日本図書 テレビ朝日 ミランカ 文溪堂 ベネッセ PHP出版
神奈川県 宮若市 横浜市ほか。 

■個展、グループ展など
2012 ギャラリー風
2013 谷尾美術館、テイストファイブ
2014 トムズボックス、PORT
2015 インキューブ 

■その他 
ドローイングイベント LOFT、東急ハンズ
主夫の特集 出演(フジテレビ)
女と男のいきいきフォーラム八王子 講演
イラストレーターの仕事の講演 市内の中学校他
福岡県宮若市出身
現在、横浜市在住

■参考URL
アクリル画
HP
主夫BLOG

■お問い合わせ
仕事や講演他、ご依頼の方は、下記までお願いいたします。
2,3日以内に返信致します。

MAIL neikonn@yahoo.co.jp

タモリファンより

「笑っていいとも!」が今年度で終わる。
とんねるずがレギュラーになったり(その木梨が天井から出てきたり)、
再び注目されるようになった。
これから「いいとも」を観る人は増えると思う。
折角なので、タモリファンとしてはタモリの凄さに注目してほしい。

題して
「いいとも」を1回観るだけで分かる、タモリのすごさ3


①ボケまくる

タモリのボケの例

驚かせる
言い間違え
モノマネ
似顔絵を描く
キャラになる
ダジャレ
だます
嘘をつく
昔モデルだった頃…などのフレーズ
神妙になる
形態模写
拍手のリズム
etc

これを、あらゆるコーナー、司会や回答者のポジション、進行中、説明中、考え中、トーク中、
とにかく全部の瞬間でボケる。

面白い面白くないは人それぞれなので書かないけど、画面の向こうでは笑いが起きている。
それに、シ~ンとなってしまっても、カバーしていると思う。

※ぼくは、タモリが楽しそうにしているだけで面白いです。


②話が分かりやすい
「俺の友達にこういう奴がいて…」等と始まる話が分かりやすい。
情景や言動が思い浮かびやすい。
もちろん、落とす。


③「いいとも~!」で終わる
「明日もまた見てくれるかな?」⇒「いいとも~!」で必ず終わる。
テレフォンショッキングも、「CMです」と言ってから、CMに行く。
時間通りにまとめる。


改めて書くけど、生放送で毎日、30年以上。


以上の3つをちょっと意識して観たら、
タモリ、いいともが違って見られるはずです。


13日目

今、ツイッターに「#ミステリ作家の似顔絵」をアップしています。
昨日は、ある先生御本人から反応があって、一気に広がりました。今年は、たくさん絵を描きます。頑張ります。

FACEBOOK

あけましておめでとうございます。

FACEBOOKに自分のページを作りました。
こちらに移行させようと思います。

本年もよろしくお願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。