イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16~19冊目

ミレニアム3部作を読み終えました。
率直に言うと、すごいけど好きじゃない。音楽で言えば、例えばローリングストーンズが好きじゃないのと同じです。すごいけど、好きじゃない。

今回、ネタバレ含みますので、未読の方は注意してください。




話は、1,2,3と進むにつれて舞台が大きくなり、1部では小さな出版社だったのが3部では国が動きます。舞台が大きくなると話も複雑になり、出版社、警備会社、病院、公安警察、裁判所、国とそれぞれの思惑が縦横無尽に絡み合い物語が展開していきます。それだけ登場人物も多く人物描写も細かいのだけれど展開も面白い上に読みやすい。これはすごい。特にグルベリの回想と行動は好きでした。
好きじゃない理由は、1つは主人公の男性があまりにすごすぎること。あらゆる出来事がビシとはまり、公安他のプロを相手にも全て完璧に立ち回り全く窮地に追い込まれません。2つ目は1つ目に近いですが、敵がダメすぎるところ。1部から6部までを1つの物語で見ると(実際続きものだけど)、成功はしているのかも知れない。でも3部で始めて表舞台に出てきた公安は、それまでの数十年間の活動が嘘みたいなダメな集まりにしか見えません。1ヵ月くらい異常に気付かないし、あらゆることがほぼ成功していない上に、主人公に手玉に取られる。
言い換えると予定調和。
ただ、3部のテーマはべつのところだし、それもアリだという人が大多数だと思います。

ミステリベスト100 第12位
★★★☆☆

スポンサーサイト

86日目

ここ数日、絵が全くかけない。カンバスに下書きをして3,4日ほったらかしのまま。今、ふと見たら、思いついた。そういうものだと思う。

漫画家同士のガチバトル!無限2コマ地獄へ

「漫画家同士のガチバトル!無限2コマ地獄!」を見てきました。
簡単に言うと、漫画家さん達が即興で1コマ目と2コマ目を別々に描くというもの。
漫画家同士のコラボは単純に面白かった。綺麗な2コマもあったり、シュールな1コマ目を綺麗に落としたり、それ以上にシュールにしたり。それぞれの作風がごちゃまぜになって予想不可能でした。優勝は菅原県さん。安定した走りで、うまい棒を貯めていました。
印象に残っているのは多々あるけれど、漫画を文字で書くのはどうかと思うので1つだけ。ピョコタンさんの1発ギャグへの2コマ目です。残念ながら1回戦で負けてしまいましたが、おそらく当日一番盛り上がった瞬間だったと思います。プロレス的な掛け合いも巧みだし、その辺も併せてさすがだなぁと思います。

さて、今回はルールが少し複雑でした。回を重ねるごとに、出場者がコツを掴んで、決勝は見ている方もさくさく見られました。高いゲーム性での駆け引き(会話での応酬を含む)も醍醐味の1つだと思います。2回目はどうだろうと言ってましたが、2回目も見たい・・・いや、出たいです!(笑)

追伸:エゴサーチに引っかかるかな?

15冊目

ホット・ロック (角川文庫)ホット・ロック (角川文庫)
(1998/09)
ドナルド・E. ウエストレイク

商品詳細を見る


読了。
オーシャンズ11のコメディ版みたいな雰囲気のドタバタクライムミステリ。それぞれのキャラとかオチも良くていいんだけど、どうも何か肌が合わない。
★★☆☆☆

ミステリベスト100 97位

ぼくは読書ブームが年に何回か来る。そんな時は催促で1日で1冊くらい読んでしまう。遅くても3日で1冊。今年は、年始からそれが来てすごく早いペースで読んでいた。ただ、自分の肌に合わないものがくると全然進まなくなる。「ガニメデの優しい巨人」でちょっと落ちて、今回でガクっと落ちた。念のために書きますが、この2冊が面白くないわけではなくて、ぼくの肌に合わないだけです。このままブームが去ると思いきや、恩田陸と北森鴻でまた上がってきた。いつまで続くかな。

あと、体調が戻ってきました。

78日目

2.jpg

この前のブログに書いたけど、少しだけだるいのが続いてます。少しだけなので病院に行く気にもなれない。で、気付いたら、よく見るとワケノワカラン絵を描いてました。でも気に入ったのでアリです。

77日目

髪を切る音は、髪を切る音以外に表現できない響きがある。髪そのものが切れる音と美容師のよく手入れされたハサミの金属音が合わさったあの音。シャリシャリともチャキチャキでもない。漫画ではチョキチョキと書かれることが多いが、そんな暢気な響きはしない。
髪を切るには少しの覚悟がいる。髪形を考えたり予約を取ったり美容院に行ったり美容師と他愛のない話をしたりお金を払ったり。それに一度切った髪はスグに元通りにはならない。こういう事を乗り越える覚悟がないと髪は切れない。髪を切る時の音は暢気ではない。少し悲しい音に聞こえる。

75日目

今、主夫のブログの企画でグッズを作っています。ざっと調べてみたら、ま~色々できるんですね。ノートやカレンダーなど紙のものは家電量販店にもあるので想像はつきましたが、ファイルやマグネット、キーホルダー、スタンプ、バッヂ、定規、タオル・・・なんでも出来るみたいです。いやはやすごい時代になったもんだ。今月中には完成させよう。

今、少しだけだるい。学校だったら体育は見学で早退はできないくらいの一番面倒なやつです。頑張れば仕事が出来るけど集中力が続かず、本をめくって回復してやっぱりだるくなって自己嫌悪になって、薬を飲んだら抵抗力がないから猛烈に眠たくなって、今も猛烈に眠いです。

74日目

日記も2年目に入って書くことが何も思いつかない日が増えてきた。去年は何もなくてもいざ書こうとすると何かしら出てきた。今年はそれが思いつかない。真っ白。(絵を描く場合は30数年間ほぼないので、そこが絵と文章の差なのかもしれない。)真っ白な壁が立ちはだかっている。ここを乗り越えれば何か書けるようになるのだと思う。

どのきのこ

kinoko_b1.jpg

「どのきのこ」
豆本第2弾を作りました。
今回はきのこの図鑑。きのこは食べるのは好きじゃないけど、見たり描いたりするのは好きです。どんな風に描いても現実を越えられないようなこの世のものとは思えない形態のものもあるので楽しいです。

ものものや さんから購入できます♪

72日目

画像 3051

横浜スタジアムで、ホークスのオープン戦
9本のホームランが飛び交うバカ試合。
2点リードの9回裏、友達の写真を撮っている時にサヨナラホームランで負け。

友達の子どもにジョジョを貸す。
1部~スティールボールラン、JOJOAGOGO、ジョジョ展図録、岸部露伴ルーブルへ行く、シュプールの特別号、ビーティー、バオー、ゴージャスアイリンも一緒に。俺が中2の時に買ったものを中2に貸すとは、ナンとも不思議。

ネーコン大活躍

jikennboのコピー

ジャーロ」に名探偵ネーコンの事件簿とミステリドリルを描いています。
今回、ネーコンは連続バラバラ殺人事件に挑みます。
解決したのかしら(笑)

ドリルは、物理。
ピンと来れば、問題を見る必要もありません。

そして、改めて描いたものを見て思ったのは、若干メフィスト寄り(笑)
どうもすみません。


追伸
昨日はスッカリ忘れていました。

とりけ

とり

とりけ
香川県の丸亀地方に伝わる。鉄道の踏切や川、池などで変死がよくあるのは、先にそこで死んだ者が離れずにいて、通りかかった者を誘うからだという。(立花正一『郷土研究』七巻二号「讃岐丸亀地方の傳承」

ところでモノの名前には必ず理由があります。とりけのとりは「とり憑く」の「とり」かもしれませんが鳥にしました。鳥は空を飛びます。自分達の行けない遠くの空のかなたまで飛んでいきます。それを昔の人には黄泉の国とかに行くとか考えたのではないかなと思ったのです。

13冊目

私の家では何も起こらない (文庫ダ・ヴィンチ)私の家では何も起こらない (文庫ダ・ヴィンチ)
(2013/02/22)
恩田陸

商品詳細を見る


読了。
毎度の事ながら文章が美しい。平淡で読みやすい文章なんだけど、一文一文にぞくぞくする。1行目から世界観に引き込まれ、読み終えてもしばらく不可思議な気分でいられる。そして、これも毎度ハッとさせられる言い回し、考え方がある。
今回はホラーです。

★★★★★

68日目

震災2年目。
ぼくに出来る事をやろうと考えて、ようやくそれが出来そう。
4月中には形にします。

妖怪食堂に行きました。

BE-Xv-RCQAA1pZF.jpg

妖怪食堂というものに行きました。
喫茶店と妖怪のコラボで、妖怪のグッズが沢山あったり、メニューも化け鯨(写真)とか。
グッズは数人が出されていて、ポストカードや漫画、フェルト人形、消しゴム人形、ビックリマンシールみたいなの、ストラップ等など珍しいものが沢山あって面白かったです。どれも表現や見せ方がおもしろくて、自分の制作の参考にもなりました。

写真は、購入した漫画家のお里さん直筆の扇子と漫画。
…ピントが料理に(笑) リンク先できれいなものが見られます。

絵が丁寧で綺麗だし話も面白いです。水彩も実物が綺麗でした。


因みに、ぼくは妖怪の由来が好きです。
ダイダラボッチが古来のたたら製鉄と関係があったり。分かりやすいので言えば妖怪ではないけれど「雷におへそを取られる」の由来。
おへそを隠すと必ず前かがみになって低い姿勢になります。昔の人が、雷が高いものに落ちやすい性質を知って、それを分かりやすく伝えるためにおへそを隠す。それがいつの間にか、雷がおへそをとるに転化して伝わったのではないかと。
本当か嘘かは知りませんが、納得できるので問題なし。こういう流れがミステリと似ていて面白い。かといって、民俗学とか真剣にやっているわけでもありません。

66日目

パソコンが異常に重たくて、1行打つのに1分以上かかります。
今描いているイラストが重たいからなのか。
明日は、雑貨巡りをします。

教科書に載るような写真

a0001_016924.jpg
The man who reads a newspaper

教科書に載るような写真らしい。

構図はごくごく普通だし、色彩もこれといって特徴はない。
東洋人と英字新聞の組み合わせが一瞬妙に見えるかもしれないが、
そういう人間は、現代では珍しくもない。
もしかしたら、どこか社会的なメッセージがあるのだろうか。
この新聞の日付に意味があるのか、
難しい表情に意味があるのか、
ネクタイの色に意味があるのか、
少し長い髪に意味があるのか、
それら全てにあるのか、ないのか。

皆さんはどう思う?


教科書に載るような写真だけど、
それは美術の教科書ではなく、道徳や社会などである。
また実際に載ってはいない。
これは、教科書に載るようないい意味で当たり障りのない
フリー素材写真である。

13冊目

ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)ガニメデの優しい巨人 (創元SF文庫)
(1981/07/31)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


読了。
ホーガンの想像する未来は明るい。地球上に争いはなくなり人類が手を取り合って生きている。それが基本なので全篇とても前向きで読んでいて清々しい。前回よりも専門的になったようで、理科が苦手なぼくにはちょっときつかった。最後に、3部作の2部目で、1部を読んでいない人は置いてけぼりになります。

★★★☆☆

63日目

何も思いつかないし、眠いから寝る。

62日目

DQのルカナンがよく分からない。
DQの呪文には色々な種類がある。炎のメラや氷のヒャド、攻撃力を上げるバイキルト、目的地に飛ぶルーラ、守備力を上げるスクルト、そして守備力を下げるルカナンなどなど。この中でルカナン以外は、ものすごく大雑把だけど、何となく想像が出来る。メラやヒャドはよくある魔法使いのイメージ。バイキルトは武器に魔力をプラスさせる。ルーラは瞬間移動。スクルトはバリヤーを張って防ぐ。

で、ルカナン。守備力を下げるってどういう感じなのかがよく分からない。鎧を着たりしていたら、その鎧がダメになってしまう感じだろう。でも、スライムみたいに何もまとっていないモンスターやガイコツや気体のようなものにまで効果があるのでわけが分からなくなる。何がどうなって「守備力が下がるのか」。

「ゲーム」の「魔法」だから、理解しようと思うほうがおかしいんだと思うんだけど。

61日目

501普通mini

主夫ブログ:「結婚して3年だけど、嫁さんの手料理を食べた事がない」が読者501人を突破したので、記念に作りました。自分のジーパンに付けたいです。

60日目

今日、アクリル画を1つ完成させた。でも描きかけのアクリル画が5点もある。仕上げれば楽になるんだろうけれど、中々気持ちが向かない。描きたいものが沢山あるのでこれからも増えると思う。小さいサイズばかり描いてきたから、でかいのも描こうかな。

59日目

securedownload_20130303001201.jpg

「九八とゲイブル」の台本(準備稿)を手に入れた。
主演、タモリ&愛川欣也で、タモリの密室芸が堪能できる貴重な映画(1978)。

ハナモゲラ語がどういう風に書いているのか見てみたら。

『麻雀卓に並べられたパイ-それを囲んでいる「アメリカ人」と「中国人」、
 「韓国人」と「ベトナム人」。だが、やっているのは芸振(ゲイブル)ひとりなのである。』

有名な4カ国麻雀もたった2行。
アドリブとは思っていたけど、やっぱりすごい。


あと、最後のページに関係者の人らしき書き込み。

securedownloads_20130303001200.jpg

「終わりのほうで一寸 ■(※不明)性のような症状が出たりしたらどうだろう。
 たとえば病院の奴をなぐったりしてケガをさせてしまうとか。
 煙突男の話(車をぬすんでバックして激突の話)」


この書き込みはタモリと思うことにします(笑)

12冊目

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
(2008/12/11)
スティーグ・ラーソン

商品詳細を見る


読了。
・副題が「ドラゴンタトゥーの女」で、ハリウッドで映画化。
 …ベスト100に入ってなかったら手を出してなかった。

・暗殺者の派手なアクションみたいなのを想像していたけど、全然違う内容。
 プロローグの静かだけど不安な謎、密室、見立て、猟奇殺人を足を使って解決。

・探偵は天才型だと思う
 少し予定調和なんだけど、面白いから許せる

・最初のやたらに多い人物紹介+家系図の不安もあったけど、
 個人のキャラが分かりやすくてさくさく読める。

・作者は日本好きなのか、カローラ、カワサキ、東芝と日本製品がよく出てくる。
 「サンヨーの口述用録音機」のサンヨーは必要なのかな。
 スェーデンでは日本製が重宝されてるのか?

・そのせいではないだろうけど、どこか日本の小説っぽさがある。
 雰囲気が、ダヴィンチコードに似てる。

・グロい描写があるので、苦手な人は注意。

・続きの2,3も読む。

★★★☆☆
東西ミステリ 12位

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。