イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帽子

21741_533262880029556_966015634_n.jpg

Mie Muramatsuさんに注文していた帽子が届きました。
中々合う帽子がなく困っていたので思い切って頼みました。
サイズもバッチリだし、淡い黄色でこれからの季節に丁度良い感じです。

帽子のほかにも、手袋やマフラーなどの小物もあるそうです。
あ、勿論、手編みです。

気になる方は、下までどうぞ。
pinkcadillac1978■gmail.com

※迷惑メール防止表記です。■を@に変えてください。


スポンサーサイト

56日目

画像 287

ジョジョ展で買った複製原画が届きました。
やっぱ、かっちょいい。

55日目

確定申告の書類を確認中。
去年も色々仕事をしてきたんだけど、全然報告できていない事に気付く。
ブログに書いた5倍はしているんだけど、いつもタイミングを逃しています。

教師力ピラミッド 毎日の仕事を劇的に変える40の鉄則教師力ピラミッド 毎日の仕事を劇的に変える40の鉄則
(2013/01/23)
堀 裕嗣

商品詳細を見る

堀博嗣「教師力ピラミッド」が3版になったそう。堀先生と内容のおかげだけど、装丁イラストを描いている身としても少しは役に立っていればいいなと思う。教師をやっていた頃は日々の事柄に追われっぱなしで、教材の具体的なもの、あとは割合に結果のでる本ばかり読んでいた。この本は、すぐに結果が出るものではない。どころか、退職するまでつかめない事もあるかもしれない。けれど、確実に考え方や捉え方が変わるものだと思う。それらを実践する事は難しいのかもしれないけれど、知っているのと知らないのとでは大違いである事は間違いない。そういう本です。

よくわからんものがごぽごぽでてきた。
ツイッターにごぽごぽあげていきます。

色々コミスタ・1コマ30053

てきとーでも錯視
自動0076

こういう人
自動0086

11冊目

ナイン・テイラーズ (創元推理文庫)ナイン・テイラーズ (創元推理文庫)
(1998/02)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る


読了。
解説にもあるように、トリックや文学として読むのではなく、「少しななめから、物と人が溶け合うような独特の雰囲気に包まれたその全体を眺める」のが相応しい。
で、ぼくは、そういうのは苦手で(笑)、途中まで読むのに苦労をしました。名前も全然覚えられないし。

翻訳は田舎訛りを丁寧に書いていてすごく良かった。
訳者は、すげーこだわりのある人なんじゃないかな。

★★☆☆☆

52日目

よくわからないシリーズ
磁石
色々コミスタ・1コマ30058
風刺っぽい
色々コミスタ・1コマ30054
ドミノを理解していない人のドミノ
色々コミスタ・1コマ30048

52日目

dd

何の前触れもなく思いついた、奇面組のキャラ。
20分で仕上げた。

口癖は「ねぇねぇ、何の話?」 
※ゴトウマサフミ氏より

51日目

量り売りでいいダウンジャケットを見つけた。量ったら300円。自分の計算能力の低さにその数字が信じられず、1時間後に友達と行ったら売り切れてた。

2時間くらい悩んで買おうと決めた服を見に行ったら…あった。試着したらSなのに大きかった。外国のSサイズだから、日本のMなんだとか。ぼくより10cmくらい大きい友達が着たらピッタリだった。

ショックで何も買わずに帰った。

50日目

小学生の時の話。
友達からの年賀状に「お年玉だよ!」と5円玉がセロハンテープで付けられてきた。
配達してきた郵便局の人に、現金書留扱いとして300円追加で徴収された。


急に思い出した話でした。

boyaki

主夫ブログの方は、1日4000アクセスくらいある。
ここの100倍。
少し悲しい。

シャツ販売中です

シャツを販売する事になりました

画像 297

画像 299

○サイズ:メンズM・L 
○色:ホワイト・ブルー
○価格:5000円
○販売:吉祥寺シルバーエレファント店頭のみ



ライブハウスの方が気に入ってくださって、お試しで売る事になりました。
だもんで、8着限定です。

シャツに活版印刷で数字とイラストを入れています。
市販のシャツでは出来ないものを作ろうと思って、こういうデザインにしました。
特殊なインクを使っているので、洗濯もOKです。
(写真のものは、洗濯を5回したものです)

よろしくお願いします。

寺山修司展へ

画像 288

「帰ってきた寺山修司」世田谷文学館 に行きました。
主な展示品

俳句
牧羊神、牧羊神チラシ、山彦俳句会定例会記

短歌
「チェホフ祭」原稿(中井英夫の推敲も)

演劇
「ジオノ・飛ばなかった男」原稿
「中村一郎」原稿
天井桟敷チラシ、ポスター、チケット、天井桟敷新聞
横尾忠則のポスター原画1点


「ブルース一九六〇」他5点 原稿

手紙(宛名
中野トク・山形健次郎・松井牧歌・植草甚一・中井英夫他


「白鳥」(中学校時代に作った雑誌)
成績表、テスト、起こさないでの札他
中井英夫弔辞、原稿他


“職業寺山修司”の作品ではなく、彼のデビュー前後にスポットを当てています。
こういう所に足を運ぶのは、氏の本を1度くらいは読んだ人だと思うのであれこれ書きませんが、中野トクへの手紙が面白かった。

手紙「綿でラインの入ったセーターちょうだい」
次の手紙「届いたけど、思ってたのと違う」※イラストで説明
次の手紙「ありがとう。シャツちょうだい」

若くして入院して生死の境をさまよってた時だから仕方ないけど。


お土産
画像 296

図録は全部ではないのが残念すぎる。(上の手紙もうろおぼえ)


3月31日まで

仕事の本

発達障害がある子・周りの子も輝く特別支援の極意 小学校編発達障害がある子・周りの子も輝く特別支援の極意 小学校編
(2013/02/13)
月森 久江

商品詳細を見る


この本のイラストを担当しました。
発達障害を持つ子どもだけでなく、その学級、その保護者への考え方や対応などが分かりやすく丁寧に書かれています。
ぼく自身、発達障害を持つ子どもを受け持った事があります。当時、ぼくは全くの無知でした。自分で勉強をしようと思っても、海外の翻訳か高度な専門書、小さな雑誌しかない状況でした。幸い専門の先生がいましたが、この方々が居なかったら、もっとひどい事になっていたでしょう。

全然知らない人はとにかく手にとって欲しいですし、知識や経験がある人も同じです。良いものは簡潔で誰にでも分かるように書かれているものです。



追伸
昨日、気が付いたら日記を書いていませんでした。去年から始めた毎日書く習慣、こういう事は初めてで自分で少し驚いています。

43日目

色々A4・コミスタ01のコピー

90年代ぽいイラスト。

上のイラストとは全然関係ないけど、よく分からないものを作る事になりました。
夏前には完成するかな?

42日目

俳句のユーモア (岩波現代文庫)俳句のユーモア (岩波現代文庫)
(2010/10/16)
坪内 稔典

商品詳細を見る


読了。
にゃーにゃーにゃー 春猫にゃーにゃー ぼくぷぷぷ
とかおもろそうな俳句が載ってるわけではなく、俳句の歴史、句会、文法などを解説した入門書。俳句の考え方や短歌の比較などしっかり書いてあって面白かった。これと季語集(岩波新書)でしか著者の作品は読んでいないけれど、この人はやっぱ好きだ。一見平素な句に見えるところなんかは、どこかパウル・クレーに似ている。他の本も読もう。

三日分タミフル飲んで三日経つ まこと

41日目

利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12‐18))利腕 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12‐18))
(1985/08)
ディック・フランシス

商品詳細を見る


読了。
片腕の元騎手の調査員が主人公。序盤は普通に面白い小説だけど、中盤から一気に深くなる。それ以降はページをめくるのが勿体なかった。ラストもいい。舞台の競馬もよく分からないし、表紙が何かあれだし、ベスト100のおかげで面白いものを読めた。

★★★★☆
東西ミステリ100 46位


40日目

友達とだらだらと4時間くらいかけて、九品仏から中目黒まで歩いた。
途中、昼ごはんを食べたり、雑貨屋さんにぶらっと入ったり。洋服屋で、靴とパンツを買った。
その間ずっと話をしていたんだけれど、何の話をしたのか全く憶えていない。
いいことだと思う。

39日目

打ち合わせに行きました。
GW辺りに何かできるかもです。

38日目

バスカヴィル家の犬―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)バスカヴィル家の犬―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2007/07)
アーサー・コナン ドイル

商品詳細を見る


長編最高傑作?
★★★☆☆

ホームズ長編最高傑作だそうです。が、ぼくはどうも合いませんでした。
謎があって論理的な意味はあるんだけど、肝心の部分が唐突な印象で腑に落ちない。ただ、訳注と島田荘司の解説が良かった。訳注は当時の風俗、時代背景が、他のホームズものと照らし合わせて細かく書かれているので面白い。貨幣価値を現代に直したり、爵位の説明だったり。
解説は、この作品が出来るまでの経緯。これを読むとそういった経緯も含めて最高傑作なのかなと思ってしまう。

東西ミステリーベスト100 47位


長編なら「恐怖の谷」の方が圧倒的に面白いと思う。
こっちは★4つ

豆絵本の世界10(展)

20130205184823da8.jpg

豆絵本の世界10(展) がはじまりました。

期間:2月1日(金)〜14日(木)
時間:10:00〜17:30
場所:ギャラリー喫茶「テイストファイブ Taste five」
   福岡市中央区大名1丁目14-45 Qize TENJIN 地下1F
   (天神西通り、アディダスが1Fに入っているビルです)
   092−716−3483

入場料:無料

ぼくを含め7人のイラストレーターによる豆絵本と原画などが展示されています。
皆さん、すごいです。
写真の額装されているのは、下絵というか落書きというか…。
気に入った豆絵本は、購入できます!


また、豆ノート作りのワークショップなんかもあっているので、
見てみてくださいませ。

詳しくは「豆絵ホン舗 かばりえ」をご覧ください。

違い

ぼ~っとした頭の中のこと。

この差

【妻】夫婦のうちの、女性の方。女性の配偶者。
【夫】配偶者である男性。結婚している男女の女性を「妻」に対し、男性をいう語。

【人妻】他人の妻。また、結婚している女性。
【人夫】1 力仕事に従事する労働者。 2 昔、公役に徴用された人民。

漢字の成り立ちやジェンダーの問題から考えたら分かるのかもしれないけど、
そういうのはいいです。

35日目

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
(2003/10)
アガサ クリスティー

商品詳細を見る


インフルエンザで朦朧としつつ読了。
クリスティはやっぱり読みやすくて面白い。登場人物が多くて大変だったけれど、各人キャラが立っているので読んでいくうちに気にならなくなる。メイントリックはさすが! なんだけど、何だかちょっと物足りない。インフルエンザだからかと思ったけれど、以前に似たトリックのものを読んでしまっていたからに気が付いた。その似た方を読んだ時はぶったまげた。勿体ない、ああ勿体ない。

★★★★☆

東西ミステリーベスト100 99位

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。