イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

367日目

今年1年読んでくれた方、どうもありがとうございました。
来年も毎日書きますので、よろしくお願いします。
来年こそは、日にちが合うようにしたいです。

スポンサーサイト

ブログのまとめ

今年は毎日に書くと宣言して、書ける日は書いてきました。
書けなかった日は、ネット不通の時(PC・モデムの故障・自宅にいない)、病気の時です。PCが不調でもスマホで出来るのでしょうが手間がかかるので書かないと決めてました。それくらいのスタンスの方が丁度良いと思っていたし、実際そうだったと思います。毎日書いていたので書いていない日も書いていないという証明になるし。

内訳
日記:119
てきとーなこと:40
個展:30
イラスト:29
仕事:26
本:21
手がきのカット集:16
美術:13
年賀状:3
イラストレーターになるまで:2
ミステリの表紙:1
未分類:19

合計:319

てきとーなことが大健闘! 
来年はもっと中身を濃くしよう。


検索ワード
毎月の統計は取ってないのですが、だいたいの感じ。

・イクタケマコト
圧倒的に多いです。何か仕事のイラストを見てからなのでしょうか。
だとすればもっと真面目な事を書かないといけない気がします。
・カット イラスト関係
カット集を出版した影響で増えました。
+ソーラン節、運動会、掃除、合唱など。
・個展関連
キャプションの作り方、お礼状が特に多かったです。
どなたかの役に立てているのであれば幸いです。
・年賀状
中でも、森ガールが圧倒的。
因みに、グーグル画像検索では、ぼくの絵がトップに来ます。
・スカイツリー


アクセス数
平均して、80件くらい。
多くて150、少なくて50前後だったと思います。
去年は、1日2~30でした。

個展をやったり色々したので、少しは見る方が増えたのでしょうか。
また、毎日書くことで検索に引っかかるワードが増えたのだと思います。
随分前に書きましたが、
ひょっこりやってきた人が何となく記事を見て、
その他の記事も色々見てくれるようなものにしたかったのですが、果たしてそうなったのか?
よく分かりません。



以上総括。
単純にアクセス数が増えたのは嬉しいです。
来年は平均200オーバーを目指します。


この結果が何のためなのかは全く分かりませんが、とりあえず。

今年の仕事

今年の仕事関係の事。

大きかったのは2つ。
1つはカット集の再販。何度も書いてきたので詳しくは書きません。3年越しの想いが叶いました。
もう1つは個展。はじめての個展。絵を描くことや人との関わりの大切さを改めて学びました。そこから自分の事やイラストで新たな広がりもあり、非常に有意義なものとなりました。

イラスト業では、総務省のポスターに使われたり装丁をしたり。まだまだですがこれから先、大きな仕事をしていきたいです。他には、八王子で講演をしたり、LOFTで絵を描いたり、中学、高校で話をしたり、大喜利に出たり。人前に出るのは好きなので、やっていて楽しいです。その前の準備段階で考えることもいい刺激になります。

ミステリ関係も地道ですが続いています。こちらも筆を折るまで描き続けたいです。


来年はイラストでは、年明けに2冊ほどイラストを手がけた本が出ます。
当面の目標は、Eテレ、CM,でっかい広告、ミステリの表紙です。

1月には大喜利イベント。夏は、展示会があります。

充実した1年を送るために、絵を描き続けよう。


364日目

週刊文春臨時増刊 東西ミステリー ベスト100 2013年 1/4号 [雑誌]週刊文春臨時増刊 東西ミステリー ベスト100 2013年 1/4号 [雑誌]
(2012/11/21)
不明

商品詳細を見る


東西ミステリーベスト100(文藝春秋)を手に入れた。

推理小説のオールタイムベスト選定企画。推理作家や推理小説の愛好者ら387名のアンケートを元にランキングされています。○年度版とかはありますが、オールタイムは中々ありません。中の座談会やインタビュー、1つ1つの作品のうんちくも面白かった。確かにこの結果は新本格以降のミステリの状況を示すランキング。ぼくも人形より刺青の方が上の感じがしていた。

これからミステリを読もうと思う人は手にとって参考にするには丁度良いと思います。1つ注意して欲しいのは、読む順番があること。1位からでも良いのかも知れませんが、例えば「十角館の殺人」は「そして誰もいなくなった」のオマージュなので、後者を先に読んだ方がいいです。他にもそういう事がたくさんあり、中には古典作品のネタバレをしているものもあります。簡単に言えば古い作品から読んだ方が良いのかもしれません。が、名作は例えトリックを知っていてもトリックの素晴らしさだけではない面白さがあります。まあ、これを読んでミステリを読む人が増えると嬉しいです。


ぼくが読んでいないもの
国内:39
海外:78

国内は未読だけど知っている作品、何かスルーしていた作品が多かった。海外は本格的に読み始めたのがここ2,3年で全く知らない作品もいくつか。来年中に全部読もうと思うけれど、絶版なんかで手に入らないのもあるらしい。だらだら書きましたが、これから読む本が120冊近くもあるのは本当に嬉しい。カー「火刑法廷」はこの前買ったばかりだし、より楽しみになってきました。

363日目

豆本プロフ・イクタケ

日紹介した豆絵本「きねこ」が豆ホン舗・かばりえのサイトで購入できます。
1冊1500円。
興味のある方、よろしくお願いします。

在、来年の展覧会で販売するグッズを考え中です。
ポストカード、Tシャツかな。

ログ拍手ありがとうございました。小学校のカット集も早く出したいと思ってます。

賀状をやっと描き終えました。表裏全部手書きです。

日の徹子の部屋は年末恒例のタモリ。食事の話が短くタモリの個人的な話が長かったのは嬉しかったけれど、密室芸がなかったのが残念。27時間や昨日の特大号などで時々見られたからと言い聞かせています。牧師の真似を見たかったけど、昨日やってたし。それにしても面白いからと言う理由だけで教会に通う中学2年生って(笑)。


A:オリンピックの名言といえばあれですよね。
B:ブラブラのまま帰らせるわけには行かない。
A:金を取るの意味が違うから!
B:いっそ内○の金をとれば・・・
A:やめなさい!

美術館など

MaxErnst____.jpg


今年行った展覧会など

正岡子規と美術/谷内六郎展(横須賀美術館)
ホームアゲインJAPANを体験した10人のアーティスト(原美術館)
院展/京都 細見美術館展 PartⅡ 琳派、若冲と雅の世界(横浜そごう美術館)
大友克洋GENGA展(3331ArtsChiyoda)
特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 (東京都現代美術館)
奈良美智展/マックスエルンスト フィギュアスケープ(横浜美術館)
レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想(bunkamura ザ・ミュージアム)
GUTAI The Spirit of Era具体 (国立新美術館)
森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史(北九州市立美術館分館)
ジョジョ展(森美術館)
ねむの木のこどもたちとまり子美術展(伊藤忠青山アートスクエア)
ポーラポスター展(ヨコハマ創造都市センター)

郷さくら美術館
谷尾美術館


以上かな?
一番印象に残っているのは、エルンスト。
ここに書いてまたあの時の衝撃が甦ってきた。作家の魂がぐいぐい来た。
版画が欲しかったけど見つからなかったので「391」を買った。

改めてみると、どれも行って良かった。
絵を見るのはやはり面白い。
来年は、20は行こう。


大喜利イベントに出ます

来月、大喜利イベントに出る事になりました。

2013年1月16日(水)
大喜利荘
OPEN 19:00 START 19時30分
チケット 前&当 ¥1200(+1Drink ¥300~)

出演者
 石川浩司(ex.たま/from パスカルズ)
 ジョニー大蔵大臣(from 水中、それは苦しい)
 枡野浩一(歌人)
 中尾よしのり(デザイナー)
 宮下拓也(漫画家)
 イクタケマコト(イラストレーター)
 高崎悠介(株式会社タイタン・プランナー)
 佐久間トーボ(構成作家)
ほか

会場、お問い合わせ
吉祥寺 シルバーエレファント
tel 0422-22-3331
http://silver-elephant.com/
silverelephant@dream.com


たまの石川さん(ランニングの人)と同じ舞台に立てるとは! イカ天世代だし、今でもたまを聴いてますから。サイン貰っちゃおうかな(笑) イカ天見てたなぁ。ブランキーもリトルクリーチャーズ、マルコシアスバンプは今も聴いてます。ぼくのadidas好きは、浜崎さんを観てからでノエルギャラガーで固まりました。

あと、歌人の枡野さんも俳句好きとしては気にしているところ。現代歌人を代表的する人だと思っています。短歌はちょっと疎いから本を買おう。

年賀状デザイン 無料配布

iutake-2013004_thumb_1.jpg

年賀状デザインが出来ました。
無料で配布していますので、ご自由にお使いください。

◆◇保存の仕方(PC用)◇◆
① ここをクリックしてください。 (ぼくのHPに行きます)
② 好きな絵をクリックすると、巨大なイラストページへ。
③ 画像の上で右クリック
④ 名前を付けて画像を保存。

◆◇お願い◇◆
・落とした方は、コメントをお願いします
・著作権は放棄していません。
・画像加工、2次配布は禁止です。
・個人の年賀状以外には使用しないで下さい。
・商用の場合は使用前に連絡をお願いします。


去年一番人気だった森ガールとかカメラ女子とかあの辺。
語感も好きだし、カメラや森ガール系統の服装は描いてて楽しい。


今年はする予定はなかったんだけど、
掲示板の書き込み他で要望がありましたのでやりました。
来年やるかどうかは、コメント数を見て考えます。


それでは、ルールを守って楽しい年賀状を。

今年読んだ本

今年はどれくらい読んだかしら?100冊は読んだと思いますが、イマイチ覚えていません。
印象に残ったものを挙げていきます。

チャンドラー「長いお別れ」(ハヤカワミステリ文庫)
初ハードボイルド。乾いて切れ味の鋭い文章がかっこよかった。章の1つ1つが短編小説みたいな雰囲気。よくは知らないけれど、ヘミングウェイの短編ってこんな感じなのかしら。

千野帽子「俳句いきなり入門」(NHK出版新書)
こちらも切れ味鋭い俳句の入門書。俳句の人もだけど、国語の先生に読んで欲しいと思いました。
こういう俳句が主流になっていくのかな?

小林甚一「俳句の世界 発生から現代まで」(講談社学術文庫)
今更ながらですが。とても丁寧でとても読みやすいので、読み物として面白い。これを読んだ後、同「日本文学史」も買いました。こちらはやや難しいけれど、やっぱり面白い。

ホーガン「星を継ぐもの」(創元SF文庫)
これも今更。カタカナや宇宙基地やガニメデという言葉が飛び交い、一見ハードSFのようだけど、そうじゃない。ミステリベスト100で26位に入っていたくらいの謎解き要素がある。謎が解明されて事実が分かり、タイトルがかっこいいなと改めて思った。

山口誓子「誓子俳話」(東京美術)
内容もだけど、地元のよく遊びに行っていたおじさんが勤務する会社が出てきたので。


とりあえず、このくらい。
12月にホーガンを読んで続きが気になるので、SFを読もうと思う。去年の続きから海外ミステリに抵抗がなくなって今まで読んでいなかった海外ものを中心に読む予定。そうこうしていると国内ものも相当数溜まっているので読まないといけない。時間がない。参った。

来年はベスト100の中のネットで確認できる国内外50の未読を全部読破しよう!

残り
国内15点
国外34点

確認したら、小栗虫太郎「黒死舘殺人事件」が!
それ以外は頑張ろう!


で、本誌が買えたら、100を読破しよう。
くどいようだけど、「黒死館」以外。

357日目

IMG_5571.jpg

春が来た、むこうから。
F0:アクリル


17日にモデムが壊れて、ようやく復旧しました。
そろそろ今年のまとめに入ろう。



352日目

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


今更ながら、ホーガン「星を継ぐもの」を読んでいます。
東西ミステリーベスト100を買い逃してネットで色々見た結果、読み始めました。書き込みに出てくるミステリ関係はほとんど読んでしまったのと、SFなのに話題に挙がっているからという理由です。とにかく傑作なのだそうです。知っているのはタイトルだけ。そういう傑作をまっさらな気持ちで読めるというのは、本好きにはたまりません。10年前に初めて横溝正史を手に取った時のようにぞくぞくしています。


追記:訂正
「星を継ぐもの」はベスト100以内に入っているみたいです。

351日目

「かもめんたる」の単独ライブに行きました。フリーターと砂浜さんのがお気に入り。いつもながら飛躍がすごい。にしても、ボケの人の雰囲気がいいなぁ。起承転結の転の入り口の台詞や動きがすごかった。いつかもっと大きい場所でお金をかけたもの(特に映像)を観たいです。

その後、一緒に見に行った人たちと飲み会へ。ぼく以外全員20代中ば。お笑いの話とか色々やって気が付いたら、「たまとマルコシアスバンプの決戦」を熱く語っている自分がいました。どうみても完全なおっさんです。

遊び

アクリル手順 (13)

遊び・ボール:F0:アクリル

背景は、もうちょい優しいピンク色です。

院展

横浜の打ち合わせのついでに、院展を見てきました。大学で日本画を専攻して以来、毎年見ています。ここ数年、いつもの人がいつもの感じの絵を書いているなという印象でした。それは全然悪い意味ではありません。それが、今年は何だかガラリと変わった感じがしました。題材も変わらないし、アビニョンの娘があったわけではありません。何かしら意識や考え、そういった目に見えない変化を感じました。展覧会々場では気付きませんでしたが、今書いていて分かりました。多分、去年のぼくとは感覚が変わったのだと思います。なんでだろう。アクリルで描き始めたからかな。ともあれ、これからの制作に活かしたいです。

昔のネーコン

newimage1-nekookeokOpt.gif

消えたHPデータを探してたら、昔作ったGIFアニメが出てきたのでアップ。
これぞ、ネーコンです(笑)

5年くらいで、絵はこうも変わるのか。

あ、データはまだ見つかりません。

豆絵本:きねこ

豆本コミスタ0002-2のコピー

「きねこ」という豆絵本を作りました。
猫ときのこの出会いの絵本です。

豆本コミスタ0002-2のコピー2


ナチュラル雑貨&ハンドメイドフェア」にて販売します。

日時 12月14、15日 (10:00~18:00)
場所 福岡国際センター
備考 豆ホン舗・かばりえ というブースです。
   他にも豆絵本が10種類ほどあるそうです!

お近くの方は見てみてください。


豆ホン舗の方が個展に来られて、出してみないかと言って貰いました。
初めて作る絵本でしたが、中々楽しく出来ました。
(相変わらず、データ作成で迷惑をかけてしまいましたが)

猫ときのこの組み合わせは楽しいので、続編も作ろうと思っています。

346日目

2806050.jpg

昨日は東高円寺まで知り合いのライブを観に行きました。
その前に、中野ブロードウェイへ。おもちゃとか漫画とかサブカルな物が色々ある素敵なところ。(初めて来た時は、駅で見かけたエヴァのTシャツを着た外人さんの後に着いて行きました)最近は、漫画ではなく小説や画集とかを中心に見てます。安部公房のサイン本が欲しかったけど、高くて断念。

それから歩いて東高円寺近くのUFOでライブ。ここに何度か書いている日本で唯一のラトルズのコピーバンドが目当てです。で、ライブ終わりにメンバーの方とお酒を。ラトルズど真ん中の世代で、パイソンや筒井康隆の話を沢山聞かせてもらいました。筒井一座の口演にも行っていたそうで、タモリや山下洋輔も度々見かけたのだとか。くそう、無茶苦茶羨ましい! 

ところで、ぼく達でも高校の時に筒井康隆にはまった世代なんだけど、今もそうなのかな。

345日目

iutake-201300122.jpg

息抜きに描いたイラストをちょこちょこと修正したら年賀状になりそうです。
が、大きな問題に一つ気が付きました。4月にPCデータがなくなった時、ホームページのデータのバックアップがとれていませんでした。当然、去年まで使っていた年賀状のページもなくなりました。(このブログでは年賀状イラストの容量はアップできないので、専用のホームページを作って対応していました)サーバーに残っているのですが、作り直さないといけないので、ひと手間かかります。

24日くらいまでをメドにできればと思います。

ヘビの描き方

年賀状無料配布の代わりに、干支のヘビの描き方を紹介します。
龍と違って、ちょっとのコツで描けるのでトライしてみてはいかがでしょうか?

なんてったって、顔と胴体だけ!
手も足も角も耳も毛も描かなくていーのです!

イキナリあの形を描こうとすると、変な形になるので、
顔と胴体を分けてやっていきます。

・用意するもの
鉛筆・消しゴム・サインペン


① 顔を描こうA

へび (5)

② 顔を描こうB

へび (7)

どちらかお好きな方で。
たぶん5分くらいで、すぐ描けるようになります。

※ポイント

へび (6)

口は、下を短くした方がかわいくなります。


③ からだ

へび (2)

顔の後ろに、長くて細いものを付ければいいだけです。
顔より細く長いものを描くだけです!


④ かたち

へび (3)

色々な形を描いてみました。
左上や左下でも、くびれがあるのでヘビに見えると思います


⑤ 色

へび (4)

ヘビは、「ヘビの色」を塗ると、怖いし地味です。
思い切って、カラフルに!

右上みたいに、一色で塗るよりも、
水玉やボーダーの方が、かわいいし、塗るのも楽です。
ちなみに、少しくらいはみだしても全然問題ありません。
かえって、手がきの良さになります。


⑥ さいごに

来年は、ヘビ年です。
年賀状に、丸と細いのがあればヘビと解釈してくれます。

ということで、絵を描いてみたいなと思っている方がいましたら、
チャレンジしてみてください。
(さ来年は、足も、尻尾も、たてがみまである馬です!)

印刷だけじゃなくて、
ちょっと手書きがあるものを受け取ると嬉しいくないですか。

343日目

昨日行った中学校の生徒の一人から、ツイッターをフォローされた。ツイッターやブログの事は何も言わなかったし、ツイッターも初心者みたいだし、わざわざ探してくれたのだと思う。とてもありがたい。と同時に、行動力に尊敬した。実はこれまで、講演の度に「メールで質問とかしていいよ」と言ってきたけれど、3年間で1度もなかった。必要とされてないのかと思っていたけれど、ある先生に案外ハードルが高いものだと言われた。だから昨日は言わなかった。その流れでのフォローで、余計に驚いている。あ、メールは随時受け付けています。

ところで、ただただ絵が好きでこういう仕事に就いて色々なところで描かせてもらううちに、こんなぼくでもファンだといってくれる人がちょっとだけ出来ました。とても有難い事です。個展やイベント他、何かをする度にそう思います。ありがとうございます。これからもがんばります。

職業体験

中学校での職業体験が終わりました。
流れをざっと書いておきます。

・自己紹介
 名前や自分の中学時代の話
・イラストの紹介
 仕事で描いた絵や、最近のアクリル画などをPCで。
 部屋の様子や、自分が使っている道具など。
・仕事の流れ
 依頼から完成まで
・絵を描こう
 A4の紙、左半分に自由に絵を描く。
 アイディアがない人はクリスマスカードに。
・絵を見せ合う
 絵を回して、右半分に感想を描いてもらう。

休憩

・動画で絵の描き方を紹介
・まとめ
 色々な経験をする。
 色々な人との関わりを通して自分に気付く。
 プラス、自分の目の前の事にチャレンジしていこう。

:::::::::::::::::::::::::

去年は席替えをしたせいか消極的だったけれど、
今年は反応も良く手も挙がったし、積極的な感じがしました。
あと、自分を持ってる子が多かったかな。

最後のマジなお説教みたいな時は、ちょっとう~ってなってましたが。
そういう事のを一番嫌う年頃だし、仕方がない。
ぼくは、そういう事を信じているので仕方がない。
それを大人が真面目に語る事に意味もあると思うし。
今年は、言いたい事は全部言ったかしら?

この経験は、ぼくにとってもやっぱり大切でした。
仕事の事を真剣に考えるし、
みんなを裏切らないためにも、頑張らないといけないと思う。
来年もあるのであれば、参加したい。



最後に、先日行った高校生からの手紙で、
「今描いた、八頭身の絵がみたい」とあったので描きました。
こういう方が中学生にもウケるかなと思ったので、今日お披露目しました。

厨のコピー

色は好きだけど、デッサン狂ってるし・・・やっぱ、ダメだ。

因みに。
眼鏡で妖魔が見える。槍で破邪。犬は恋人が魔術で。でも、助けてくれる仲間に恋をする。犬嫉妬。腰のアタッチメントで槍の性能も変わる。人と妖魔の狭間で揺れ動く。
とかの裏設定ありまくりです(笑)。

341日目改め、春

春のアクリル2

春:F0:アクリル

毎度毎度、写真が上手く撮れません。
地面がドギツイ感じになっていますが、実際はもっと落ち着いています。


昔、その土地では戦争が何年も続いていました。ある冬の日のことです。将軍がやりを地面に立てて構えていました。すると、どこからか一羽の鳥が飛んできて、槍の先に止まりました。そして美しい声で鳴きました。その声は、自分達の国だけではなく、敵の国にも響き渡りました。その間、敵味方も戦争の事は忘れていました。そして、両国は、こんな美しい声が聞こえなかったのだと知り戦争をやめ、仲良く暮らしました。

立春の日、棒の上に鳥のおもちゃを置いて春を招く祭りとして、ヨーロッパのある地方に伝わっています。

装丁の仕事

今、来年出る本の装丁をしています。いつもの原理原則シリーズとは違う本なので、1から作っています。やっぱり、かなり難しい。本の内容・イメージに合わせる事が1つ。と一言で言っても、本の色や文字の配置、フォント、色。イラストの配置など。次に載せる必要な情報が多い。題名、副題、著者、出版社、あとイラスト。これの配置。さらに、1つ1つに装丁での決まり事や細かな作業があります。

今やっているのは、教師向けの本です。著者が構築した理論をベースに、実践方法が示してあります。その理論は聞き慣れない言葉ですが、非常に分かりやすいです。そして理論付けがしっかりしているので実践しやすい。(ぼくが教師だったらそう思いました)「確かな理論と実践」そこをテーマに、かつ、聞き慣れない言葉を視覚に訴えるのかというところです。・・・と偉そうに書きましたが、これもほとんど編集の方のアドバイスのおかげです。

そして、終わった雰囲気で書いていますが、まだまだ先は長そうです・・・。

ポーランドポスター展へ

画像 2572

画像 2582

※写真撮影可でした。


横浜創造都市センターで開催されていた「ポーランドポスター展」に行きました。
戦後から90年代までで、戦後の古いもの中心にズラリ。

最近デザインの仕事も少ししているので勉強に。
勿論、イラストの勉強も。

338日目

今日は12月2日。今年ももう29日しかない。いや、29日もあるのでとても驚いている。なぜかと言うと、今日の日記が338日目。12月31日の日記は、367日目になってしまうから。

1年は365日、今年のようなうるう年は366日だとずっと思っていた。でもどうやら違うようだ。1月から順々に数えていったり、月の合計を足したりして計算した事はなかったから、何となく覚えていたみたいだ。知らなかった。改めて1月から順に足していくと、366日だった。

つまり、ぼくは、人より1日分多く生きている事になる。イキナリどこかぼくしか生きていない1日を過ごしたのか。マンガみたいに周りが全て静止した経験はないので、そういうことではない気がする。たぶん、1日にちょっとだけ長く生きているのだと思う。

今年は1日だけど、この先どんどん増えていくのだろう。1年で1日。30年では30日違ってくる。1週間や1ヶ月生活違う方が計算もしやすいだろうし、まだいいのかもしれない。17日とか中途半端なところだときつそうだ。その頃までにはその生活にも慣れなくちゃいけない。その前に、計算が間違えずにできるようになりたい。


337日目

12月になりました。
お酒を飲むと眠たくなって何も考えられません。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。