イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レセプションパーティーに

根垣頼嗣氏がプロデュースするブランド「entry R」のレセプションパーティーに行ってきました。

*FASHION*
ヨーロッパテイストをベースに、より都会的で洗練された商品。entry Rのロゴをアイコンタクトとし、大胆なロゴ・配色・二次加工を全ての商品にレイアウトし大人の遊び心が散りばめられたミリタリースポーツミックスインパクトセレブカジュアルウェア!!

詳しくは 「Road to entry R」へどうぞ。

o0480064011635325068.jpg

展示会の様子。


そういうパーティーに初めて行きましたが、すごかったです。

アナイス・コミスタ


上のような人たちが200人くらい。
平均年齢45歳くらいだと思うのですが、みんな背高いし体型もシュっとしてました。
もちろん、服装もおしゃれです。

モデルさんを初めて見たけど、トンデモなかったな。
お人形さんみたいだった。


さて、ぼくは全然分からなかったのですが、何でもすごい面々が来られていたそうです。
それだけでも、このブランドへの期待感があるのでしょうか。

来年からの本格始動に期待します。

スポンサーサイト

ジーパン

ちょっと前、渋谷リーバイスに展示してあった100年前のリーバイスを見てきました。


画像 167

NEVADA 1880

画像 164

BARNYARD c.1890 501XX

マジマジと観てたら、警備員の方に「写真とってもいいんですよ」と言われて撮りました(笑)

上のナンバーは年代で、つまり100年以上前のもの。廃鉱になった鉱山から発掘されたそうです。アメリカにはビンテージのリーバイスを発掘する専門のハンター迄いるんだとか。上のものは1本100万ドル以上するそうだから、それも納得。

ジーパンは、こういう昔の色落ち、汚れを再現したラインも存在するように、こんなにボロボロでもファッションとして通用するところが、面倒くさがりのぼくは気に入っています。



※業務連絡。
10月23日付けのメールで
誤って「小学校云々・・・」という件名のものを削除したような気がします。
もし心当たりの方がいれば、お手数ですがもう一度送ってください。

素敵な本

アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)アンドロギュノスの裔 (渡辺温全集) (創元推理文庫)
(2011/08/30)
渡辺 温

商品詳細を見る


大正~昭和初期に活躍した渡辺温の小説、翻訳、脚本まで色々網羅。
文体、内容、表紙からして、とにかくモダンで御洒落。
大正時代の華やかで妖しい世界に誘ってくれます。

mobo.jpg

1500円とちょっと高いけれど、とても満足しています。

かばん、あと2こ

バック2201108090938582

以前紹介したぼくデザインのバッグがもうすぐ売り切れで、
グリーンとブルー、残りが、それぞれ1個ずつになりました。
買ってくださった方、ありがとうございます。

今のところ、追加する予定はありませんので、
手に入れるチャンスはもうありません。


持ち手の長さを変えられる。
マチが大きい
絵がかわいい
素材がシッカリしている

自分で言うのもなんですが、使いやすいです。

サイズ:横幅・53cm 縦幅・31cm マチ・20cm
価格:7800円(送料込)


お求めは REXSHOP まで。



羊毛フェルト 手のひらサイズのマスコット (レディブティックシリーズno.3312)羊毛フェルト 手のひらサイズのマスコット (レディブティックシリーズno.3312)
(2011/10/03)
\840

商品詳細を見る


今日の本はこれ。
お友達のりほすけさんが載っている羊毛作り方の本です。
動物の作品が多く、この本でもキツネやアヒル、ブタ、ハリネズミが載っています。

彼女の作品は、ディフォルメの妙と色彩感覚があって
ただかわいいだけには納まらない雰囲気があると思います。
仙台を中心に活動をしており、
展示会などにもたくさん出品していますので、
機会のある方は、是非手にとって見て欲しいです。

サイトは「もわもわびより」へ

ひょんな事からお知り合いになって、今では勝手に友達なんて呼んでます。
いつか、二人展をやれたら。


因みにぼくは立体が超苦手です。
一度、チャレンジしましたが丸が出来ませんでした(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。