イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒指導

生徒指導10の原理・100の原則―気になる子にも指導が通る110のメソッド生徒指導10の原理・100の原則―気になる子にも指導が通る110のメソッド
(2011/10/14)
堀 裕嗣

商品詳細を見る


上記の本のイラストと装丁を担当しました。
文字を1px、色をほんの少し、位置を2mm変えるだけで全然違って、それが完璧にはまった時の達成感! で、ダメだしの喪失感(笑) とにもかくにも、楽しいです。


本書の内容は、題名の通り。子どもに指導が通る生徒指導です。現場での経験を通したことですので分かりやすく多くの現場で参考になるものだと思います。生徒指導と聞くと中高校向けのような感じですが、小学校でもこのことに悩んでいる方々にも手にとって欲しいです。


そして最後の原則
「死ぬくらいなら逃げる」

何十年と現場でやってきた著者だから言える言葉だろうし、そういう立場の人が書くことで救われる人もいると思います。


生徒指導に迷っている人がいましたら、どうぞ。

スポンサーサイト

爽やか

朝日のようにさわやかに (新潮文庫)朝日のようにさわやかに (新潮文庫)
(2010/05/28)
恩田 陸

商品詳細を見る


恩田陸「朝日のようにさわやかに」読了。
タイトルと表紙のような汚れのない短編集、ではなく、色々ごちゃまぜでございます。エンターテナーの面目躍如と言ったところでしょうか。「あとがき」はそれを含めて作品だと思うので、最低限1作読んでから読むようにした方がいい。

やっぱこの人すごいなぁ。頭の配線はどうなってるんだろうか。昨日の日記で言うなら、デスクトップを見てみたい。考えられない分類をしているんだけど、理由を聞けばものすごく納得するようなフォルダになっていそうです。で、そのフォルダ名が異常に美しいと。この人の文章がとても好き。好きな話というのは多々あるけれど、文章が好きなのはあまりいない。前にも書いたけど、美しい和歌の調べのような文章で、意味よりも言葉が流れ込んできます。

それに、感覚の最大公約数を拾い上げる感じがとてもとても。この短編集に限らず、何か1冊読むと必ず自分がうまく言葉で言い表せなかった事物が綺麗にまとめられている一節に出会う。今回もそう。

あ~すごい。

アイディア

neiooo.jpg

ぼくはアイディアが降りてくるタイプだ。
ここ何日か、ジャーロ(光文社)で連載中の「名探偵ネーコンの事件簿」のアイディアを練っていた。トリックは早々にでき大枠も固まりそれを構成するだけだったんだけど、それがうまく決まらない。台風一過の今日、気分転換に散歩をしながら考えることにした。

歩き始めて10分。降りてきた。全く違うトリックとプロセスが。
一旦前の事は忘れ、新しいアイディアをガシガシと組み立てて、近くの公園に付く頃には完全に出来上がっていた。それから、ベンチに腰掛けてあらかたまとめ、再び歩き始めると前の構成も降りてきた。2週間も悩んでいたものが、往復わずか1時間で出来上がってしまった。それも2本。


大抵のことは家でするけれど、迷ったら散歩に出ることにしている。ググったり音楽を聴いたり本棚の本を漁ったりして何とか捻出しようとするけれど、アイディアを練る時はどうもイケナイみたいだ。何時間考えても何も思い浮かばず、段々、アイディアの足しにと言い訳をしつつ、wikiをテキトーに見てしまったり動画を漁ったり汚い部屋を片付けたりしてしまう。

ところで、ぼくの部屋は汚い。書類や書きかけの絵、本、服が乱雑に置かれていて、いつもダメだと思うし、クリエイターぽいよねとひどい免罪符で言い逃れている。で、持論「部屋の汚い人のデスクトップは汚い」の通り、デスクトップも汚い。使わない何かがずっとあるし、フォルダを開くと中にはフォルダがあって、その中にはフォルダがあって結局、何も入っていなくて。ついでに、作業をしている時も汚い。描画ソフトが2つ、ネット、フォルダが幾つかとか、そういった状況で作業をしている時が多い。1日中そういう状態だから、日が落ちる頃にはフリーズするなんてこともある。



アイディアを練る時のことをPCに置き換えてみた。
部屋で練っている時は、何個ものファイルが開かれた普段の作業の状態。散歩に出た時は、余計なファイルを終了させ「アイディアを練る」だけを実行しているのではないか。そう考えると、降りてくるのではなくメモリの無駄遣いをしているだけではないのかと思う。


さて何が言いたいのかと言うと、編集長様、ネームがまとまりましたので近日中に送ります。

雑感

◆仕事とHP
別ウィンドウやサイズの変更などが面倒で、3月から更新していなかった…。
一応、今も色々やってます。ブログにはアップしているので、そちらを。
多分、更新は年末になりそうです。


◆職業体験
キャリア教育の講演を今年も同じ中学校でさせてもらうことになった。イラストレーターの仕事内容と絵の描き方の2本柱でやろうと思っているんだけれど、去年とはやり方を変える事にする。中学校の夢がそのまま叶う人はごくわずか。途中で想いが変わる人もいるし、諦めなければならない人もいるだろう。だから、イラストレーターに特化した内容ではないものを考えている。夜中に具体的な方法を考えていたら、いつのまにか校庭でおにごっこをする事になっていた。やっぱり、夜中の考えはいかん。ともかく、技術的なことよりも精神的なことを重視しようと思うので、嫌がるだろうな(笑) 


◆似顔絵
前回、アップした似顔絵。何十人も描いていると、モディリアニの絵が頭から離れなくなった。目の網網もひょろながいところも、そう見えたんだろうな。

モディ~1

作家の似顔絵



作家の似顔絵がたまったのでアップしてみました。
自分で気に入っているのは梶井基次郎です。

井上雅彦先生から

misuteri-inoue.jpg

先日、ミステリ作家の井上雅彦先生からメールを頂いた。
なんだろうと思って開いたら、「探偵作家の似顔絵」の名前のミスのご指摘。
しかも井上先生ご自身の…。

慌てて修正して平謝りのメールを返信したら、スグに返信が来て何度かやりとりをさせて貰いました。
そして、光栄なことに、井上先生ご自身の画像に使って頂ける事になりました!
(残念ながら、どこの画像なのは言えませんが)

いや、嬉しい。
メールでも、似顔絵をすごく褒めてくださってくれて、
ミステリファンとしてもイラストレーターとしてもこれ以上の喜びはありません。


井上先生とは、本格ミステリ大賞の時に少しお話させて貰っただけです。
そのミステリ大賞に潜入(笑)できるようになったのも、大元を辿れば似顔絵のミスでした。
ミステリ作家の方々の寛大なお人柄に感謝いたします。
どうもありがとうございました。


追伸
だからと言って、わざとミスをしてはいけません!
仏の顔も3度まで。
ミスは、もうないはずです…。

岡村靖幸のライブ

昨日、新木場での岡村靖幸のライブに行きました。
岡村の久しぶりのライブでどうなっちゃてんだよ? と思わないのか少し不安でしたが、
全然そんなことはなかった! 
家庭教師とかのあの頃のまま、あれ以上!
歌も演奏もダンスも最高でした。
絶好調の志村けんをも凌駕する動きでキレキレでした。

会場も超満員で終始盛り上がりっぱなし。
おっさん一人で浮くのかなと思ったけれど、同世代ばかりで男女比も変わらないくらい。
何より、岡村がカッコよすぎて、登場した瞬間に手を挙げて「ウォ~~!」ってなりました(笑)

1コマ用・1106160047

「ヘポタイヤー」も言えたしね(笑)

曲順(2chのコピペ)

5分ほど遅れて開始。

どうなっちゃってんだよ(アレンジバージョン)
カルアミルク
Punch
5モンキー
聖書
19
いじわる
ベジタブル(超アレンジ)
祈りの季節
だいすき
イケナイコトカイ
マシュマロハネムーン
セックス
だいすき
あのロン
カモン
友人のふり(弾き語りピアノ)
卒業写真(弾き語りピアノ)
Georgia(弾き語りピアノ)
ドッグデイズ(一部だけ。ギター弾き語り)
300個のホットドッグの曲(一部だけ。ギター弾き語り)
アウトオブブルー(ギター)

以上、2時間。


★これから行く人へ(昨日の新木場の様子)
・30~40代中心。
・17時50分くらいから、整理券10番単位で入場。
・17時半くらいまでなら、グッズだけは先に買えるみたいです。
 Tシャツ 4000円~ タオル 2000円~ 
 ※同時購入で、缶バッジもらえます。
 アナログ版あり。
・喫煙所アリ

それでは、楽しんできてください!

最後に注意。
はしゃぎすぎると明日の朝起きられなくなります!

1コマ用・1106160048

実相寺昭雄展へ

川崎市民ミュージアムで開催されてた実相寺昭雄展に行きました。
実相寺昭雄は、監督、演出家で、そのスジではすごく有名な方です。ウルトラマンや近年では映画「姑獲鳥の夏」の監督なども手がけました。というより、ウルトラマンのワンシーンを観てもらえれば分かるはず。

無題_1~1

こういうコントラストの強い構成

無題3_~1
手前(笑)

展示品
・ジャミラの金色の墓標
・ウルトラ、怪奇大作戦関係の台本、コンテ
・大量の絵葉書(怪獣がウマイ!)
・ATGで撮った映画の予告、ポスター、台本、コンテ
・2時間ドラマの映像
・オペラ「魔笛」の衣装、ポスター
(劇中にカネゴンとかが出てくる演出で賛否両論だったとか)

気になったもの
・70年代に撮った映画の中の岸田森がカッコイイ。
・「遠くへ行きたい」(日本テレビ)の初期の演出した「奈良・大和路」の映像が「京都買います」。

展示数もそこまで多くなかったんですが、楽しめました。


さて、市民ミュージアム内には、同時に無料の展覧会もありました。
ああいうのをさらっと観られるのは楽しいです。

画像 138

他にも、岡本太郎の作品が置いてあったり、
開館に携わった福田繁雄のポスターやオブジェがいたるところにありました。

画像 141

また、周りの公園の中には、たくさんのオブジェもあり、
こういう施設がウチの近所にあればと思いながら帰ったのであります。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。