イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感

○推理小説
ある小説で、自分の出身地や勤務先等が実名で出てきて驚いた。1つ目は、少し嬉しかったけれど、3つもなると、少し気味が悪い。


○なっちゃんのCM
一面何もない砂漠(?)。
上空からみた、三角形に隊列が組まれたシーンから始まる。
と同時に、隊列は乱れ蜘蛛の子を散らすようにみな画面の上へと駆け出していく。
アップになり、走っているのは女子高校生たちと分かる。
何かから逃げているのか、同じ方向に向かっているし、時々後ろを振り返る人も居る。
しかし、後ろは見えず、それがなんなのかは分からない。
途中、一人がクローズアップされ、「朝はなっちゃん」と言って、また、駆け出す。
笑顔であり、汗もかいていないようで、そこまでの必死さは感じられない。
彼女の後ろの走り抜ける他の女子高校生も全力ではなく、「信号に間に合えばいいな」程度の軽い感じがする。
それでCMは終わる。

果たしてなんなのか?
女子高生から考えて、隊列は、規則的な高校生活。
砂漠は、年度末という時期的に、卒業後の未知なる世界ではないか。

しかしながら、「逃げている」印象が、頭に引っかかってしまう。
そう必死でもなく、捕まえられても良いという対象は、やはり学校生活なのか。

色々考えた結論として
なっちゃんは甘すぎておっさんには合わない。


○俳句

春愁や 牛丼大盛り 卵のせ

スポンサーサイト

俳句です

この前NHK俳句大会というのを観た。会場はお年寄りでいっぱいだった。中には若い人もいるので、年寄りの文学なんてこともないのかと思っていたら、どうやら付き添いのようだった。ちと、寂しい。

今年は、俳句を作るです。

立春さ ジーンズ干して 街に出る  青猫

イラストレーターになるまで 持ち込み・その5

持ち込みのことで、ひとつ書き忘れていたこと。
ぼくが持ち込みをしようと思ったきっかけは、一言で言えば勇気が無かったわけです。
もやもやと悩んでいる時に知り、勇気とヤル気を貰った手塚治虫のエピソードを。

世の中の漫画が劇画ブームで、タッチが古いとか何とか言われ
あの手塚治虫も仕事が無い状態だったそうです。
そんな時、手塚治虫が何をしたかといえば、他ならぬ持ち込みでした。

何社か回って、
以下の条件付きでOKが出ました。
いつ打ち切りしても文句を言わないこと。
いつ打ち切りにしてもいいように1話完結にすること。

そして始まったのが、「ブラックジャック」だそうです。


どこで見聞きしたかも忘れて、
あるいは都市伝説なのかもしれませんが、非常に勇気を貰いました。
そして、今書いてみても、ヤル気が出ました。

猫語の教科書とやら

最近、散歩をしていて、1時間あまりは平気で歩けるようになった。帰りに電車に乗ろうとすると、必ずブックオフがあって、必ず入ってしまう。この何ヶ月かで7,8軒は入ったと思うけれど、どこもかしこも似たような本ばかりあるのは、同系列でも少し不思議な気がする。ベストセラーはともかくとして、それらの中で一番気になるのは「猫語の教科書」(ちくま文庫)だ。どの店に行ってもある。手に取ったこともあるけれど、猫の写真とかあって小説のようなないような…。

アマゾンで見たら、売れているようで、自分が知らないだけだったよう。
世の中知らない方が良いことが多々あるものだ。

海南山

バスがバス停に停車してバスが止まったのでバスから降りた。バスから見た海南山はひどく小さく見えたけれど、バスが停車してバスから降りてみたそれは大きく見えたと思ったからバスから降りて写真を1枚だけ撮った。パチリ。

バス停からバスが行った方向から見て海南山の方向に歩いていくと街の西に行く。この街の西、海南山の麓にはぼくの泊まる旅館がある。その旅館は昔からお世話になっている旅館なのだ。旅館に着いたので旅館の中に入って旅館の廊下を歩いて旅館の部屋に着いたので旅館の人から色々聞いて旅館なので浴衣に着替えた。浴衣に着替えたので旅館の中を歩いて温泉につかったので浴衣を脱いだ。温泉の中から海南山がそこにあるから見た。バスの中から見たときよりもバスから降りたときも大きく見えたので写真を撮った。パチリ。

海南山の麓には海南神社があるので海南神社に行った。海南神社は海南山の中にあるのでぼくは海南山の中にいる。海南山を中から見るとバスの中から見たりバス停で見たり温泉で見たりしたときと違うので海南山の中にいるのだ。お参りをしたので旅館の部屋に行った。旅館のご飯を食べて食べたので電気を消して寝た。パチリ。

起きたので温泉に入って朝ごはんを食べて着替えてバス停まで行ってバスを待ってバスに乗ってバスで座った。バスの中から見える海南山はどんどん小さく見えた。あんなに小さかったのかと少しガッカリした。この前も小さくなったと思ったので昨日バスでここまで来て海南山に行ったけれど大きかったけれど、また小さくなっていたので、次もバスに乗ります。

??

ブログ用1

どうぶつ

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。