イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂で本を読むのが好きだ。湯船につかりタバコを吸いながらちょこちょこ読む。長くは読めないので短編か短歌の本を読んでいる。近頃は「柿の種」。ところで恥ずかしい話、時々湯船の中に文庫本を落としてみたくなる。乾いてもバカバカになるし後悔しかしないのは十分分かっている。「ビデオデッキに納豆をこぼす」位の取り返しの付かないことがやってみたいと言う幼い情けないだけのことなので、やってない。

ただ、最近の科学の進歩はありがたいもので、電子ブック付防水携帯なら可能なのだ。万が一、いや、自ら落としても何の問題もない。でも、一番の問題は衝動性がまったくないのでつまらないということ。

追伸:近々、ココやめます。

スポンサーサイト

風呂で本を読むのが好きだ。湯船につかりタバコを吸いながらちょこちょこ読む。長くは読めないので短編か短歌の本を読んでいる。近頃は「柿の種」。ところで恥ずかしい話、時々湯船の中に文庫本を落としてみたくなる。乾いてもバカバカになるし後悔しかしないのは十分分かっている。「ビデオデッキに納豆をこぼす」位の取り返しの付かないことがやってみたいと言う幼い情けないだけのことなので、やってない。

ただ、最近の科学の進歩はありがたいもので、電子ブック付防水携帯なら可能なのだ。万が一、いや、自ら落としても何の問題もない。でも、一番の問題は衝動性がまったくないのでつまらないということ。

追伸:近々、ココやめます。

現在進行形のお話

今、イラストを描いています。いつものことながら詳細は言えません。ただ、日の目を見るのは3年後と言うちょっと気の長い話です。今日は2点仕上げました。毎日毎日絵を描いて出して修正して描いて打ち合わせして悩んで描いて出して修正して描いての繰り返しです。とても嬉しいです。教師やんないでこっちに進めばよかった、なんて思ったことはちょっと思うけれど、教師をしていないと今の仕事は出来てなかった。多分。

イラストレーターになるまで・その2

今日は、大学のことを書いていきます。イラストレーターとしては、美術の基本を一通り学べたことは大きかったです。技術的にはモチロンですが、表現の仕方、考え方など所謂る美術的な考えを体感したことは大きかったと思います。おかげで、大学入学後は明らかに絵が変わりました。それまでは兄の方が絵が上手かったと思いますし。

ところで、ぼくみたいにほとんど習っていない人なんていません。子どもの頃から「うまいうまい」と言われ、一発で大学にも受かって浮かれてたぼくにとって、最初の講義は悲惨でした。明らかにレベルが違う。でも時間が経つにつれ、少しずつだけど自分の絵も良くはなったし、何よりも毎日絵が描ける事が嬉しかったと思います。ただ、4年間を通してその差が埋まらなかったと思います。それを証拠に、つい最近、親友から「卒業して、まさか絵を描き続けるとは思わなかった」と強烈な一言を拝聴いたしました。

もう1つおおきかったこと。周りが全員物を作る人間で、そこから得た刺激も強烈でした。他は、彼女を作ったり酒を飲んだり免許を取ったり旅行に行ったりバイトをしたり。そういう経験全てが、今は財産になっています。これは、イラストレーターでなくとも、そうだと思います。

さて、卒業後の教師になったことは次回に。

イラストレーターになるまで・その1

そんなに売れてるわけじゃないけれど、と前置きして。トークショーとの兼ね合いで、今までの経緯を書いていこうと思います。

まともに絵の勉強をしたのは、高校3年の2月からです。それまでは、美術部にいた訳でもなく専ら自由帳や広告の裏に落書きばっかりでした。なぜ習うようになったかと言えば、センター試験の成績が酷かったからです。と言っても、自己ベストですが(笑)。美術なら何とか行けるかなと思い、大慌てで赤星絵画教室で習い始めました。その教室を選んだのも、タウンページ内「絵画教室」の一番最初にあったからという理由です。さらになんと、そこの先生は隣の高校の美術教師で、大学受験の為の講座もやっていました。隣の高校の生徒にも、残り1ヶ月にも拘らず引き受けてくださり、見事現役で受かりました。

思えばこの頃から運だけは良かったように思います。上に書いたように無茶苦茶だったけれど、この絵画教室では良い先生に巡り合え、一緒に学んだ友達は今でも付き合いがあります。そして、いまさらながらに思うのは、行動することによって道は開けると言うことをこの時すでに経験していたことです。この次に、行動を起こすのは10年近く経ってからになります。

2冊

西村京太郎のデビュー作「天使の傷跡」を読んだ。この人はトラベルミステリばっかりかと思っていたけれど、初めの頃は違うらしい。ただ、読点の多さはこの頃から変わっていない。「西村風に、書くとすれば、こんな感じに、なる。」ただ、頑張って、最後まで、読んで、よかった。乱歩賞を受けただけあるなぁと思う。初期の作品群を読んでみようと思いブックオフに行ったら、日本にはこんなにも特急があるのかというくらい並んでいてゲッソリした。

恩田陸の「ネクロポリス」を図書館に返した。実は、借りては読めずの繰り返しで3回目になる。いつも読もうと思って挑戦するけれど、30pくらいで挫折してしまう。面白くないのかと言えばそうではないような、なくもないような。とにかく読む気が起きない。他の作品は全部目を通しているのに。他に読みたい人に迷惑になるのでさっき行ったブックオフで文庫を買った。さて、全部読むのはいつになるやら。

2文

Image1951_2 法事で少しだけ実家に帰った。近所の駄菓子屋にタバコを買いに行ったら、子どもの時のおばあちゃんがまだ(失礼!)店番に居たのにビックリした。思わず話し込んで当時の3日分、300円もの買い物をした。

帰って開けてみると、賞味期限「07/05」というお菓子が出てきた。色々と変わってないことを実感した。

ところで、この前の名古屋のトークショーが中日新聞(8月8日付)に掲載されたそうです。ありがとうございます。で、これからブログに今までの事を書いていこうかなと思います。特殊ななり方なんで参考にはならないかもしれないけれど、そういう手もあるのか、と思ってもらえたらいいかな。

日常

昨日は名古屋の大須商店街をぶらぶらした。11時に起きて家を出たのは13時ごろ。もう少し早く出れば良かったんだろーけど。横浜の自宅で12時ごろに出ると近所の専門学校生の集団とかち合うので、その時間を避けていた習慣のせいだと思う。

横浜と名古屋では物価が違う。野菜やお肉などの食料品も名古屋の方が少し安い。横浜では、きゅうりが3本で150円、名古屋では100円だった。それは古着屋も同じ。テロテロの半袖シャツも横浜では2000円近くするけれど、名古屋では1000円前後で買える。それに量り売りで頑張ったこともあって結構買ったけれど1万円で抑えられた。

さて、今回日記を書いたけれど意味はないと思う。書く側もだけど読み手の問題として。ぼくの一挙手一同をの覗いてみたい稀有な方はいないだろう。なのに、なぜ書くかといえば、このブログにはテーマがないからだ。仕事のことを描こうと思うけれど、過程を描いて良いものかいつも悩んでしまい、結局出版された後に報告をすることが多い。それも年に何度かしかならない。その穴埋めとして意味のないことを書いている。

ちょっと、考えよう。

ガンダムの思い出

0cimg3729 この前、お台場のガンダムを観て来ました。

大きかったです。特別ガンダム好きではないけれど、子どもの頃に作ってたこともあって、ガンプラは買ってしまいました。

因みに初めて買ってもらったのは、小3の頃。あまりお土産など買わない父が、突然「ガンダムのプラモデルを買ってきたぞ!」と言いました。とんでもないサプライズです。死ぬほどテンションが上がっているぼくに差し出されたのは、「ドダイYS」。

その時の絶望感は、今でも忘れられません。ただ、飛行機の模型を作ってた世代には、それがベストだったんだと、今にして思います。

それから、数ヵ月後。ガンプラを自分で選んでいいと言われました。当然ロボットです。それも、ドダイYSに乗って戦うグフに決まってました。グフは、サイズが大きなものと小さなもの2種類あって、大きな方を買いました。すると、大きすぎて、ドダイYSには片足しか乗りませんでした。ちょっと泣きました。

夜空に大きくそびえるガンダムを見て、思い出しました。

P1

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【用語解説】

ガンプラ…ガンダムのプラモデル。ロボット型と飛行機型の当時の人気は10:0。

ドダイYS…小豆色の飛行機。パーツも10個くらいしかなかった気がする。

大きい方と小さい方…1/110 1/144 という2つのサイズがあった。子どもにすれば大きい方がカッコイイに決まっている。

トークショー終わり

トークショーが終わりました。参加してくださった方ありがとうございました。初めてだったので、かなり緊張し何とか終わらせた(笑)というのが、正直なところです。終了後、参加者の方に「刺激をもらった」と言ってもらえ、ほっとしました。

それから言い忘れたことをココに。イラストレーターをやって良かったと思うことは、やはり自分の作品が世に出た時です。パソコン上で見たものが、本などの形になり街で見かけた時は、感無量です。それまでの苦労が報われます。今回は、割と地味な苦労話が多かったので書いておきました。

参加者の人が、あの時聞いた人だ! と軽い自慢ができるように頑張ります。

トークショー

Houshi1_2009071 今度、トークショーをすることになりました。

日時:8月6日(木) 13時半?

会場:名古屋市鶴舞中央図書館

仕事のこと、これまでのこと、本の事なんかを話してきます。生まれて初めての経験で、大勢(?)の人前で話すのは、2年前の友達の結婚式以来なので、とても緊張しています。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。