イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・バザール、フリーペーパーづくり
・手拭い展内覧会
・打ち合わせ+中学校

前からやっている事なんだけど、この数日はとても貴重な経験をしている感覚。
高橋源一郎の小説のおかげか?
彼の小説は、ぼくの琴線に響きまくる。
「宮沢賢治グレーティストヒッツ」
「一億二千万人のための小説教室」

これから「銀河鉄道の~」を読んで寝る。

スポンサーサイト

黄金町バザール2016のフリーペーパーを制作中。
子どもや馴染みの薄い人に、黄金町バザールを分かって貰えるのが狙い。美術館にいる人たちの9割は、美術鑑賞が好きだったりナントナクだったりしている人だと思うので、そういう人たちを取りこみたい。

とかいいつつ、去年、バザールの輪の中になんとなく居たんだけど、その実何もわからなかったので、自分のためにやっている。皆さんにインタビューをしたり、その人の作品を調べたり、話をしたりすると、色々分かってくる。分かってくれば面白い。

物事の入り口はとても楽しい。これを手に取った人が、黄金町バザールに興味を持つきっかけになればと思っている。

帰省

帰省した時、2つの学校に行きました。
1つは、福岡の特別支援学校。初めて行ったのは去年。理由は、例えるなら憧れの野球選手が来る感じ。ぼく自身大したものではないけれど、子供の励みになればと思って。でも、「夢はきっと叶う」とは言い切れないので、良いことも悪いことも本音で話をしてきました。

今年届いた年賀状で、その子が外で作品展を開いたこと、デザインの専門学校に進んだこと知ったので、お祝いに行きました。行って分かったのは、去年話した後、パソコンクラブを立ち上げて部長になったこと。みんなの名刺を作っていること。学校でも絵の展示をしていること。学校中の掲示物も沢山作っていること。
車椅子で、ぼくが行った日も体調が悪くて、朝寝てたそう。それなのに、すごく頑張ってどんどん進んで行っている姿は尊敬できます。かっこいい。

YUKINA展 
福岡県糸島市 カフェふれんず
3月8日まで
https://www.facebook.com/itoshima.cafe.friends


もう1つは、小学校。
絵が好きな子どもと話をしてきました。その子は小学生なんですが、生まれて初めて理解しあえる友人に会った気がしています。彼が物凄い人物のような気がします。将来が楽しみです。


絵を描くことで色々な人と出会えます。ぼくも彼らも。ずっと描き続けて欲しいです。

申し込

PB023966.jpg

黄金町アーティストレジデンスに申し込んできました。横浜市の黄金町で1年間、空間を借りて活動をするというものです。浸り絵を発信したいと思っています。審査があるのでどうなるかは分かりません。描きながら待ちます。

個展が終わりました。
2年前から描き続けて良かった。
これからも続けていきます。

次は、東急ハンズ池袋店でイベントです。
http://ikebukuro.tokyu-hands.co.jp/item/6f/ikutakemakoto.html

hands_POP.jpg


日記を復活させよう。

イラスト

今日、気に入った作品が出来た。
出来る前から予感はあって、しかもそれを上回る事が出来た。
GWのグループ展から絵を描き続けた1つの結果だと思う。

まだまだ描きたいものはあるので、どんどん描く。
日々が充実している。

来月

 6月7、8日「ヨコハマ・ハンドメイドマルシェ」に出品します。「ものものや」さんというブースにいて、ぼくが作ったものも一緒に置かせて貰います。そのグッズを作っていますが、中々上手くいきません。ぼくは絵は描けますが、手先が不器用でものを作れません。何かを創るのはあきらめて、何とか絵だけでいけるものを作っています。何かお見せできるものが出来れば、アップしたいです。

 今日は打ち合わせに行きました。中々面白いです。
 その帰りに、KITTEの中のミュージアムへ。東大の所蔵品を展示してあり、標本、剥製、骨格標本、顕微鏡や数学のモデル(簡単に言うと、完璧に正確な立方体など)、医療器具、アフリカの仮面、ナイフの形をした硬貨などで、一言でいうと博物館です。9割以上分からなかったけど、興奮しました。

2月28日

読んだ本
「夜のフロスト」ウィングフィールド
「隅の老人」オルツィ
「日本探偵作家論」権田萬治
「北園克衛詩集」北園克衛
「さらば愛しき女よ」チャンドラー
「21世紀探偵小説」限界研
「眼中の悪魔」山田風太郎

佐藤、舞城、西尾、石持らへんを各1冊くらいしか読めてない。
参った。また、このミスのトップを読んでいくか。

色々な仕事が一段落した。
今日、そのうちの1つの仕上がりを見て満足。地道な作業が実るのは嬉しい。
大変だったけど、来月には報告できるはず。

アナログの絵を数点他、絵を沢山描いています。
今年は、2000点は描くと思う。

確定申告をする。

部屋を片付ける目的を考えて、
使わないものやいらないものがあるのはもったいないという結論に行きつく。
貧乏性なので、整理がはかどる。
中身の見つからない文庫カバーを捨てる。
本もいらないものは捨てることにする。

職業体験的な

先週、帰省した時に、知人の学校へ行って、イラストレの仕事がしたい高校2年生と話をしてきた。夢は叶うと言い切れる歳ではないけれど、夢を持って生きる事、叶えるために頑張ることは素晴らしい。そういうまっすぐな眼を見て大丈夫だと思ったし、ぼくも負けられないと思った。無数にある「人生の選択」ってやつに間違いも正解もないと思う。選択した道を進まないで戻るから変な方向に行ったと思うんじゃないか。ぼくもこの仕事に就くまでにずいぶん遠回りをしたけど、悩んだり後ずさりした自分の責任。決めたら、意外にまっすぐなことに気が付きました。嗚呼、ぼくは器用ではないので真面目に行きます。そんな宣言。急に。

一月

1月は、絵をたくさん描きました。
仕事も3,4つ同時にやって、一番大変なものがもう少しで完成するはずです。
アクリル絵も4号を完成させ、0号、6号を6割進めた。ぼくは、細かく描くのが性に合っているみたいなので細かく描いていきます。ぼくの絵のテーマは時間、歴史、物語です。昔から古いものが好きでした。小学生の頃に黒電話を買い替えないでくれとお願いしたり、中学生の時に買ったモデルガンは南部十四年式だったり。ともかく古いもの歴史あるものに魅かれます。ああ、長くなりそうだ。風邪を引いているのでいつか、また。

あと、来週ちょこっと取材を受けます。

タモリファンより

「笑っていいとも!」が今年度で終わる。
とんねるずがレギュラーになったり(その木梨が天井から出てきたり)、
再び注目されるようになった。
これから「いいとも」を観る人は増えると思う。
折角なので、タモリファンとしてはタモリの凄さに注目してほしい。

題して
「いいとも」を1回観るだけで分かる、タモリのすごさ3


①ボケまくる

タモリのボケの例

驚かせる
言い間違え
モノマネ
似顔絵を描く
キャラになる
ダジャレ
だます
嘘をつく
昔モデルだった頃…などのフレーズ
神妙になる
形態模写
拍手のリズム
etc

これを、あらゆるコーナー、司会や回答者のポジション、進行中、説明中、考え中、トーク中、
とにかく全部の瞬間でボケる。

面白い面白くないは人それぞれなので書かないけど、画面の向こうでは笑いが起きている。
それに、シ~ンとなってしまっても、カバーしていると思う。

※ぼくは、タモリが楽しそうにしているだけで面白いです。


②話が分かりやすい
「俺の友達にこういう奴がいて…」等と始まる話が分かりやすい。
情景や言動が思い浮かびやすい。
もちろん、落とす。


③「いいとも~!」で終わる
「明日もまた見てくれるかな?」⇒「いいとも~!」で必ず終わる。
テレフォンショッキングも、「CMです」と言ってから、CMに行く。
時間通りにまとめる。


改めて書くけど、生放送で毎日、30年以上。


以上の3つをちょっと意識して観たら、
タモリ、いいともが違って見られるはずです。


13日目

今、ツイッターに「#ミステリ作家の似顔絵」をアップしています。
昨日は、ある先生御本人から反応があって、一気に広がりました。今年は、たくさん絵を描きます。頑張ります。

FACEBOOK

あけましておめでとうございます。

FACEBOOKに自分のページを作りました。
こちらに移行させようと思います。

本年もよろしくお願いします。

365日目

イラストや装丁の仕事、個展とグループ展、主夫でテレビ出演と色々やりました。
来年は、クリエイターエキスポへの参加、関東での個展他、仕事でも予定が入っています。
よりよい報告ができるよう、来年はより一層がんばろうと思います。


日記を毎日書いていました。
旅行、パソコンの故障と、どうしようもない記事が嫌になったので、書くのは止めました。
仕事の報告を中心に、週1ペースで続けようと思います。

354日目

◆絵を描いている「教師力ピラミッド」(明治図書)と「発達障害がある子・周りの子も輝く特別支援の極意」(学事出版)が増刷された。両方ともいい本だと思うので手に取って欲しい。

◆今、5つくらいの仕事を同時進行をしている。アプローチは違うけど、考えが形になっていく様はどれも同じ。それはとても気持ちがいい。この仕事が止められない理由の1つ。

◆春ごろに関東で個展をしようと思っている。小さな絵を100個くらい並べたい。100人の手に渡れば最高だ。100人がまた次に来てくれて、知らない100人と出会って…たぶん、ぼくの絵はそういう事だと思う。

◆この前主夫の集まりに行ったら、新聞社の人がいて取材を受けた。主夫というだけで、そういう事がままある。ぼくはそういうのは好きな性質だからいいけど、嫌な人は大変だろうなと思う。

◆ブログは毎日書かない。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。