イクタケマコトのブログ

イラストレーター・アーティストインレジデンス黄金町参加中。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金町バザール2016:自分の感想。

黄金町バザール2016終了。
来場した皆さん、ありがとうございました。

ぼくのまとめ。

◆目的
・黄金町バザールに人を迎えること。
・黄金町バザール、黄金町アートインレジデンスの広報。
・バザール終了後の企画展、のきさきアートフェア、来年のバザールなどに足を運んで貰うこと。
・来た子どもたちの誰かが、将来アート関係に就く。

◆状況
バザールや美術館によく行く人は、ここでの楽しみ方を分かっている。一方で、馴染みのない人たちは、「○○の楽しみ方」のようなマニュアルがあらゆるジャンルで出ていて、受け身な人間が多い。加えて、現代アート、さらには黄金町と色々乗っかっているので構えられている。
バザールをはじめ、毎月のきさきアートフェアで感じたのは、展示や販売物など、コンテンツは充実しているけれど、入りにくい状況ではないか?


◆方法1:フリーペーパー 黄金町バザールワカールの配布。
NPOの協力のもと、フリーペーパーを制作。取材、編集、構成、イラストをすべてこなした。
3冊が似たデザインなのは、大反省。

1号(表
表mini

1号(中
裏mini


黄金町バザール全体、ゲストアーティストの紹介。ディレクターと作家にインタビュー。基本的な部分を分かりやすい言葉で書くことで、黄金町バザールとの距離を近づけたかった。


2号(中
みんな裏


長期レジデンスしているアーティストの紹介。
見開きで、様々なジャンルの作品が、街中に広がっていることが分かるように。

3号 子ども向け
こども裏

表向きは子供向けだけど、あまりなじみのない人たちへの作品を観るヒントになるようにした。

たたんで持ち歩いた時に見られるよう、裏面には、バザールの楽しみ方など掲載した。
WEB用に、イベントの歩き方などを掲載。

方法2:ツアー
今回、友人知人をはじめ、友人、知人、小学生、中学生、美術関係者等々約100人を案内。
一度来て見れば、次からは来やすくなるものだと思う。
子どもたちには特に大きな刺激になったようで、たくさんの感想を貰った。


方法3:記念グッズ
バザールくん
各ミュージアムショップの人気は高いので、イラストレーターの強みを活かし、大量生産できる気軽に買える黄金町グッズを制作。

***

◆結果
チラシ
パンフでは分からない作家の素の部分が見えたり、俯瞰でどんなものがあるのかが分かったり、来場者、作家、スタッフから好評だった。

キャラバッジは一番人気でした。

ツアー
印象に残っているのは、中学生のツアーで、子どもたちが作品を自由に捉え自由に意見を言っていたこと。良くも悪くも好き勝手言っていたが、それが1つの楽しみ方だと思う。
井上さんの作品)はじめは気付かなかったけれど、題名を見て話が広がった。誰とどこでこの風景を観ているのか。家族と昔話をしたり、友達とくだらない話をしたり、一人で将来のことを言ったり。
中学生の若い感覚と黄金町バザールの作品が上手くマッチした証拠だと思う。


◆今後
コンテンツは充実しているので、迎える方法を考えていくべきだと思う。
・物理的、精神的入口の充実

物理的
・日ノ出町、黄金町駅最寄りのインフォメーションを入りやすく。
 黄金町駅から最寄りのインフォが遠い。
・町全体の風通しの良さとカオスをコントロールして、観客を誘導する仕組みの構築。

精神的
・平素の黄金町、黄金町バザールのアピール
・人が持つイメージは、スマートでクールな黄金町ではない。10年前の風俗街からのカウンターでクールで洗練されたイメージを先行したのだと思う。が、物理的、精神的に難しい。方向転換をして、手づくり感のある親しみやすいまちを目指すべきではないか。おそらく、そういう時期だと思う。


スポンサーサイト

パンフを作っていると、客観性が欠落しているのを感じる。
ぼくに一番必要なのは、その力ではないかと思う。

・バザール、フリーペーパーづくり
・手拭い展内覧会
・打ち合わせ+中学校

前からやっている事なんだけど、この数日はとても貴重な経験をしている感覚。
高橋源一郎の小説のおかげか?
彼の小説は、ぼくの琴線に響きまくる。
「宮沢賢治グレーティストヒッツ」
「一億二千万人のための小説教室」

これから「銀河鉄道の~」を読んで寝る。

黄金町バザール2016のフリーペーパーを制作中。
子どもや馴染みの薄い人に、黄金町バザールを分かって貰えるのが狙い。美術館にいる人たちの9割は、美術鑑賞が好きだったりナントナクだったりしている人だと思うので、そういう人たちを取りこみたい。

とかいいつつ、去年、バザールの輪の中になんとなく居たんだけど、その実何もわからなかったので、自分のためにやっている。皆さんにインタビューをしたり、その人の作品を調べたり、話をしたりすると、色々分かってくる。分かってくれば面白い。

物事の入り口はとても楽しい。これを手に取った人が、黄金町バザールに興味を持つきっかけになればと思っている。

閉鎖のお知らせ

ここのブログ
HP
主夫ブログ
facebook
twitter

やりすぎなので、近日中にここを閉鎖して、facebookに移行します。
※会員登録してなくても、見られます。

12日目

CCW8wx2VEAEiJCl.jpg

午前10時半
同じく滞在する劇団王子の実験室のポスター撮影に参加。出演しないのに派手だからと真ん中に居座り、路上でポーズをとったり。どうなるのか楽しみです。

午後
絵を描く。
教え子、友達の友達、通りかかりの人を含めて10人の来訪。話をしたり、話をしながら絵を描いたり、話をしたりする。中々ペースがつかめない。
壁と来月のグループ展用のアクリル画F3を少し。

4時ごろ寒くなってきたので終了。
黄金町一帯を散歩。誰かが書いてたけれど「普通の人以外は全部いる街」。ぼくも主夫で"アーティスト"だし。googlemapやネットじゃわからない空気、匂い、雰囲気。この中で制作をすることを想う。

色々な事柄が初めてで、一人暮らしを始めたばかりの頃の自由になった不自由さを思いだして、面白い。慣れる頃には制作も進むだろう。

8日目

初の月一会議に参加。
緊張とよく分からんのと緊張と。地域と繋がる活動なのかな。1年しかないし難しいところですが、何かしら貢献出来たら。まずは知って来てもらわないとと思っています。ですが、壁の絵は進んでいません。にらめっこが続いています。

話変わって。
恩田陸「雪月花黙示録」を読む。大正時代がそのまま現代になったような、サイバーパンクな設定は好き。人物の多くが眉目秀麗質実剛健、千篇一律で物足りない。


5日目

IMG_3578.jpg

桜まつり2日目終了。
足を運んでくれた方々、どうもありがとうございました。お客さんだけでなく、他に出店されている方も居るしバンドや出し物もあってそういう人たちとの会話も楽しかったです。商品もそこそこ売れました。
 初めてのバザーは、置き方、売り方、商品の入れ方、話し方、お金の渡し方、声のかけ方、自分や商品の見せ方、あと自分では気づいてない何かが分かりませんでした。
 
 こういうのは嫌いではないし、出店での事も含めてやってみようと思ったことなので、これから学んでいこうと思います。

 写真は一番人気のプロレスラー。前のレスラーからだけど、なぜかとても女性受けが良いです。数を増やそう。
 では、また来月。

4日目

IMG_3654.jpg

IMG_3657.jpg

大岡川桜まつり初日。
アーティストインレジデンス黄金町2015の一環で、ポストカードなどを売りました。
そこそこ売れたし、いい絵も見られました。
こういう出店での販売も初めてなので、戸惑います。ものを売るだけでなく、お客さんと話をしたり、釣銭を渡したり、包装をしたり、ディスプレイや商品説明、自分の立ち位置とか考えます。難しいというか、よく分からないです。でも、そういうのも面白いです。

場所:かいだん広場近く(日ノ出町と黄金町の中間のガード下)
明日:11時-16時まで。

近くでやっている山崎千智さんの個展もとても良かった。
日本画、墨でのドローイング。キチンとしてて小気味が良いです。
こちらも明日まで。

2日目

2日目。
アトリエの壁を眺める。
あの辺にああいうのを描いてああしてこうしてと考えながら、手元のスケッチブックにちらほら描いたり、資料の写真を眺めたり、また壁を見たりして3時間くらい過ごす。傍から見たら真っ白い壁に向かってぼ~っとしているだけ。もう少しお待ちください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。